グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるための条件

グラフィックデザイナーになるためには、広告代理店や広告制作会社に就職することが必要です。

グラフィックデザイナーとして働くときに、とくに資格や学歴は必要ではありませんが、デザインの基礎知識やグラフィック作成ソフトの使い方などを事前に学んでおくと、就職に有利です。

そのため、グラフィックデザイナーとして働いている人の多くは、芸術系の大学、短大や、デザイン系の学科がある専門学校を卒業しています。

資格、免許

グラフィックデザイナーを目指す際に、取得しておくとスキルの証明になる検定がいくつかあります。

・アドビ認定エキスパート
・Photoshopクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験
・DTPエキスパート認証試験
・DTP検定
・色彩検定

その他、デザインセンスの判断基準になる資格は持っておいて損はありませんが、就職の際に特別有利になるものではありません。自分の力試しのためにチャレンジする価値はあるといえるでしょう。

必須スキルと学歴

いかにデザインセンスが優れた人であっても、広告やプロモーションツールの制作を行うにはその媒体に適した構図や配色、効果的な文字の配置など、ノウハウの習得なくしては広告業界で活躍することはできません。

また、グラフィックデザインは主にIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトやInDesignなどの編集ソフトを用いて制作されます。

これらのソフトをスムーズに使いこなせることはデザイナーの必須スキル。そのため専門教育や他社での経験により、デザインの知識と技術を習得していることが重要となるのです。

とくに新卒の場合は、大手広告代理店なら大学卒、中堅デザイン事務所であっても専門学校卒の学歴を求められることがほとんどです。

しかし経験者の中途採用においては学歴よりもスキルや実績が重視されるため、高卒から小さな事務所に就職した場合でも、コツコツと実力をつけて大手広告代理店に転職するチャンスがあります。

グラフィックデザイナーの就職先

広告代理店、広告制作プロダクション、デザイン事務所、出版社がメインの就職先です。また広告業界でなくても、メーカーのマーケティング部などでもグラフィックデザイナーを採用している企業があります。

どんな就職先であれ、経験を積み実力を身につけることで、より格上の企業へ転職したり、フリーランスとして独立する道も開ける職種だといえるでしょう。

グラフィックデザイナーとして働く

就職後、すぐにグラフィックデザイナーとして活躍できるとは限りません。一般的には、アシスタントとして、デザインの素材集めや資料収集などをすることからスタートします。

グラフィックデザイナーとして実績を積んだ後、広告全体を指揮するアートディレクターへとステップアップしていく人もいます。

グラフィックデザイナーに求められる能力

デザインの仕事であるため、感性が豊かで創造力があるタイプが向いています。

日頃から街を歩き、いいデザインを探すような、デザインに対して好奇心が強いことが求められます。

また、自分がいいと思うものを作るだけではなく、企画の目的やコンセプトを依頼主から聞き出し、それに沿ったものを作成しなければならないので、コミュニケーション能力も大切です。

仕事体験談