グラフィックデザイナーになるための学校(大学、専門学校、講座)

学校で学ぶ必要はあるか?

グラフィックデザイナーになるためには資格を持っている必要はないものの、専門性の高い職種であり理論と実践の両方を必要とするため、学校で学ぶ人がほとんどです。

他にも、高卒でアシスタントとして制作プロダクションなどに就職し、先輩から技術を学びながらデザイナーデビューを目指す道もあります。

しかし会社によっては案件に偏りがあったり、独自のデザインルールがあったりするため、「どこに行っても通用する」デザイナーになるためには学校でしっかり基礎を身に付けることがおすすめです。



学校の種類と学べること



デザイン系専門学校のグラフィックデザイン科

グラフィックデザイナーとして必要なスキルに特化して深く学べるのが専門学校の特長です。

広告デザイン、色彩、タイポグラフィ、レイアウト、フォトデザインなどの理論と技術の他、マーケティングやブランディング、関連法規についても学び、実務に役立つスキルを身に付けます。

また、Illustrator、Photoshop、InDesignなどのグラフィックデザインに欠かせないソフトを使いこなす技術も習得します。

さらに近年では、専攻によりWebやスマートフォンサイトのデザインまで学べる学校も増えてきました。

芸術大学や他の大学のデザイン系学科

4年制大学では専門学校で学べることに加え、デザインの基盤である描写力や造形力を磨くために、パソコンを使わない「手」による美術の課程が厚くなっています。

また、コミュニケーションやマーケティングの高度な専門知識を身に付け、提案力の高いデザイナーやアートディレクターを目指せるスキルを習得します。

大手広告代理店は大卒を採用基準としていることが多いため、可能であれば大学で学ぶのが最善だといえるでしょう。

講座、通信教育

スクールや通信教育では、より実践に近いIllustratorやPhotoshopの技術を磨くことができます。

しかし、グラフィックデザイナーの即戦力として通用するスキルを身に付けることは難しいでしょう。