栄養士の就職・求人募集状況

栄養士の就職状況

平成27年現在、栄養士養成施設は全国に137校あると発表されており、毎年1万7000人〜1万9000人程度の人が新たに栄養士としての免許を受けています。

しかし、栄養士免許を取得した人たち全員がすぐに就職するわけではなく、実際、栄養士として社会に出るのは約50%ともいわれています。

最近は就職ではなく大学院へ進学する人も増え、より栄養学の知識を深めていく道も珍しいものではなくなっています。

なお、栄養士の就職先の領域としては、医療、学校給食、スポーツ、企業、行政、地域、福祉、教育機関など多岐にわたっています。

栄養士は、乳幼児や子どもから、お年寄り、障害を抱える人、会社員として働く人い、そして地域住民など、あらゆる人に対して「栄養」の専門知識を生かしたサービスや情報を提供することができます。

就職先には大小さまざまな規模の組織がありますが、求人数も比較的安定しているため、学生時代にしっかりと勉強して知識を蓄えれば、自身が望む進路の仕事を探し、夢を叶えるのはさほど難しいことではないでしょう。

管理栄養士のほうが優遇されやすい職場も

栄養士と近しい職業に「管理栄養士」があります。

両者の役割に圧倒的に大きな違いはありませんが、現在、より専門的な栄養指導を行う管理栄養士のほうが、国家資格でもある分、栄養士よりも高度な資格と認識されているのは確かです。

管理栄養士の仕事

医療機関や老人介護施設でも、栄養指導や栄養ケアマネジメントを行うことで指導料などの収益を上げられるのは管理栄養士となっているため、栄養士よりも管理栄養士が優先的に採用されやすくなっています。

ただし、病院、給食会社、保健所など、栄養士を必要としている施設も多々あるため、栄養士だから就職が難しいというわけではありません。

栄養関連の仕事に就きたいと考えている人は、両者の役割をよく認識したうえで、どちらの資格を取得するか今一度考えてから職業を目指したほうがよいかもしれません。

仕事体験談