栄養士の勤務先と仕事内容の違い

栄養士の勤務先・働き方の種類

栄養士が活躍できる場としては、病院・学校・福祉施設・給食会社・食品メーカーなどの民間企業が挙げられます。

人間にとって「食」は切っても切り離せないものであり、またその人にとって望ましい食事をすることが健康維持には欠かせないため、人が生活するさまざまな場所で栄養士の需要があります。

この仕事では就職して働く人が多いですが、栄養士としての知識を家庭で家族の健康のために役立たせる人もいます。

栄養士の仕事内容

学校で働く栄養士

幼稚園や保育園・小中学校・高校・大学や専門学校などの給食、または食堂で仕事をします。

基本的には健康な幼児・児童・学生に対して食事の提供をしますが、なかにはアレルギーや病気を抱える人もいるため、そうした人に対しては特別食や代替メニューを用意する必要があります。

子どもの成長に合わせた栄養バランスや食材の選択をすることも大切な仕事です。

また、毎日の食事を楽しく飽きさせないように、季節感のあるメニューや世界の料理・地元の郷土食をとりいれるなど、工夫をする必要があります。

さらに、家庭科教諭や保険教諭と連携して食育や身体の発達に関わる指導をすることもあります。

ひとつの学校に専任でいる場合のほか、複数の学校分を掛け持ちで働く栄養士、給食センターで働く栄養士もいます。

病院や老人保健施設などの医療施設で働く栄養士

病院や老人保健施設で働く栄養士は、病気の人やお年寄りのための献立・メニューを作成しなくてはならないため、ほかの栄養士よりも気を使う仕事です。

その人の体調や健康状態に合わせて、適切な食事を提供しなくてはなりません。

もし間違った場合は命にかかわる危険性もあるため、病院や老人保健施設などの職員としっかりと連携して仕事をします。

病気やお年寄りで食事がとりづらい人には、食材を細かく刻んだ「きざみ食」や、とろみをつけて食べやすくした「とろみ食」などを用意します。

また、食事を提供して終わりではなく、その人がどれだけ食事をとれているかなどもしっかりとチェックし、体調や食欲を観察し報告することも大切な仕事です。

公共施設で働く栄養士

都道府県庁・市町村役場などのほか、保険センターなどの公共施設で働く栄養士もいます。

地域に住む人の健康に関わる政策に携わったり、イベントを開催したり、乳児・幼児検診や健康診断等での栄養相談をします。

そのほか、健康的な食事がとれるよう料理教室を開催して市民にアドバイスをしたり、スポーツ関連施設でアスリートや学生に対して栄養指導をしたりする栄養士もいます。

独立・開業して働く栄養士

企業などに所属せず、栄養士の資格を生かして働く人もいます。

クッキングスクールを開いたり、テレビや雑誌に出たり、講演会をしたり、飲食店のメニューをプロデュースするなど多彩な働き方があります。

近年では、健康や食事に関する関心が高まっているため、SNSやブログから人気に火が付き、活躍する栄養士も増えてきています。