栄養士と調理師の違い

栄養士と調理師は、どちらも「食」に深く関わっていく職業ですが、両者には仕事内容をはじめ、さまざまな違いがあります。

ここでは、栄養士と調理師の違いについて詳しく見ていきましょう

資格の違い

栄養士も調理師も、国家資格が存在する職業です。

栄養士として働くためには、栄養士養成施設で所定のカリキュラムを修了し、卒業する必要があります。

一方、調理師と名乗るためには調理師養成学校で学ぶか、実務経験を積んだうえで調理師試験に合格し、調理師免許を取得する必要があります。

それぞれの職業に就くためには、該当する国家資格を取得することが求められます。

役割の違い

栄養士も、職場によっては調理師と同じように調理を行うことがありますが、そこではあくまでも「栄養」に重点を置いたメニューを作ることになります。

一方、飲食店などで働く調理師は、栄養について考えながら調理を行うことはあるものの、それ以上に「味」や「見た目」に重点を置いた調理が中心となります。

職場によっては、栄養士が考えたメニューを調理師が調理するということもあります。

調理師は、あくまでも調理のプロフェッショナルであり、栄養についての専門知識に関しては栄養士のほうが持っていることが多いといえます。

調理師の仕事

活躍の場の違い

栄養士の活躍の場は、大量調理を行う学校や病院、福祉施設、給食会社、一般企業など多岐にわたります。

栄養学の知識を生かしながら、勤務先で食事の管理や調理に携わったり、利用者などへの栄養指導を行うことが多くなります。

一方、調理師の場合は飲食店やホテルのレストランがおもな活躍の場となります。

お客さまに対しておいしい料理を作り、提供していきます。

なお、栄養士と近しい職業に「管理栄養士」がありますが、栄養指導に関しては、栄養士よりも管理栄養士のほうが行う機会が多いとされています。

栄養士は、職場によっては調理師と同じように調理業務が中心となることもあります。