ビルメンテナンスの需要・現状と将来性

ビルメンテナンスの現状

ビルメンテナンス業界は、不況の昨今にあっても比較的安定しているといわれています。

不況になったとしてもビルがすぐに壊されたりすることはないため、あまり景気の影響を受けにくい職種です。

近年、都市部では大きな商業施設をはじめ、新築マンションやオフィスなど、毎年のように新しい大型の建物が建てられています。

また、地方でも地域の再開発により新しいビルやショッピングセンターなどが続々作られており、人手不足という企業も多いです。

設備の管理には電気や衛生など一定の知識が求められるため、求人を出しても思うように採用できないというところも増えてきています。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

ビルメンテナンスの需要

ビルメンテナンスは、ビルがある限り必要とされる仕事です。

ビルを末永く、できるだけ良い状態で利用するためには、手の行き届いた管理が不可欠で、ビルの数が増えるにしたがって、ビルメンテンナンスができる人も求められていくことになります。

私たちが数十年以上にわたって安全・安心にビルを利用できるのも、ビルメンテナンスの活躍があってこそといえます。

将来的にも、現在の勢いでビルが建ち続けるとは言い切れませんが、ビルが大幅に減ることは考えにくいです。

今後も、ビルメンテナンスは時代を問わず一定の需要がある仕事だといえるでしょう。

ビルメンテナンスの将来性

専門知識を増やす

現状では、ビルメンテナンスの将来性は十分にあるといえます。

ビルの所有者が、ビルメンテナンスを専門会社へ外部委託するケースも増えており、質の高いビルメンテンナンスが求められています。

ビルメンテナンスが少しでも良い条件で長く活躍し続けるためには、専門的な知識や技術の習得が欠かせません。

衛生・空調・電気などの資格を取得したり、さらなる上位資格取得を目指して勉強したりしていくことで、就職・転職にも有利になりますし、どこでも活躍できるビルメンテナンスになれるでしょう。

年齢を重ねても働ける

ビルメンテナンスは体力勝負の仕事と思われますが、土木作業員警備員などの仕事と比べると、屋内作業が中心になることから、体力的にはそこまで厳しくありません。

むしろ、経験を積んで知識や技能のある人が歓迎されやすいため、60代を超えても働き続ける人もいます。

コツコツとスキルアップしていけば、長く働けるのがビルメンテンナンスという仕事だといえます。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ビルメンテナンスの今後の活躍の場

ビルメンテナンスの仕事は、ビルがあり続ける限り必要とされる仕事です。

ただし、人口の減少に伴いゆるやかにビルメンテナンスの仕事も減少していき、ビルメンテナンスの仕事も減っていくでしょう。

そんな中注目されているのがAIの活用です。

これまで大部分を人手に頼っていたビルのメンテナンスを、ロボットやAIを活用することによって、より省人化しようという試みです。

実際にトラブルが起きた際などは人手はもちろん必要ですが、今後はこうしたロボットを活用したビルメンテナンスが増え、より少人数で仕事ができるようになっていくかもしれません。