女性のビルメンテナンスのキャリアパス・結婚後の生活

女性のビルメンテナンスの現状

ビルメンテナンスは、まだまだ男性が圧倒的に多い業界です。

決して女性にできない仕事というわけではありませんが、電気や空調、ボイラーといった各種設備を扱う仕事柄、男性がこの仕事に興味を持つことが大半です。

男性中心の業界という点では、建設や警備の仕事とも近しい部分があり、男性しかいないという職場が圧倒的です。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

女性のビルメンテナンスの強み・弱み

ビルメンテナンスは建設業などように、屋外での力仕事ばかりするわけではありません。

ビル内の清掃を中心に請け負う会社では、ていねいで細やかな仕事ができ、女性トイレや女性専用フロアにも入りやすい女性スタッフのほうが歓迎されやすい傾向にあるようです。

ただし、防犯の面からどうしても男性を採用したい、女性が働く環境が整っていないなどの理由で、女性の採用を避けている企業があることも否めません。

女性がビルメンテナンスを目指す場合は、既に女性の先輩がいる、女性を積極的に採用しているなど、企業の動向を十分に把握する必要があるでしょう。

ビルメンテナンスの結婚後の働き方・雇用形態

ビルメンテンナンスは、現場によっては24時間拘束の宿直勤務が入ります。

宿直の日は仮眠時間もありますが、やはり身体に負担はかかりやすいため、女性にとってはこの点も働くうえでの不安要素になるかもしれません。

ただし、日勤のみで働けるビルメンテナンス会社もありますし、防犯の観点から女性は宿直を免除するという会社もあります。

男性中心の現場に入っていくことに抵抗がなければ、女性が第一線で活躍することは十分に可能だといえます。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ビルメンテナンスは子育てしながら働ける?

ビルメンテナンスの仕事は女性が少なく、結婚・出産をしながら働き続けているロールモデルがあまりないのが現状です。

日勤のみであれば、ビルメンテナンスの仕事は残業も少なく、安定して働けるといえますが、宿直のある現場では、家族や周囲の理解、そして協力が必要となるでしょう。

もちろん結婚や出産を機に、一度現場を離れる人もいますが、ビルメンテナンスの仕事をする上で得た資格は、再就職の際のアピール材料になります。

手に職をつけて長く働きたい女性にとっても、ビルメンテナンス関連の資格が一生ものの財産になるところは魅力だといえるでしょう。

ビルメンテナンスは女性が一生働ける仕事?

ビルメンテンナンスは、業務上、さまざまな資格の取得を目指していくことになります。

なかには国家資格で、しっかりと専門的な勉強をしないと取得できない難しいものもあります。

女性に限ったことではありませんが、コツコツと資格を取得していくことで給与アップにつながりますし、その後の転職にも有利になるため、手に職をつけて働きたいという人にはぴったりでしょう。

近年では、女性のビルメンテナンスを積極的に採用しようとする会社も増えてきており、今後は女性のビルメンテナンスも増えていくかもしれません。