ビルメンテナンスへの転職・中途採用

ビルメンテナンスへの転職状況は?

ビルメンテナンス業界は、新卒以上に中途で入社する人の割合が大きいことで知られています。

未経験者を受け入れる企業も多くあり、転職の求人は年間を通じて多いため、まったく畑違いの業種からビルメンテナンスになる人は比較的多くいます。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

ビルメンテナンスへの転職の志望動機で多いものは?

ビルメンテナンスへの転職を考える人の志望理由として多いものが、「仕事が楽」「休みがたくさんある」といった内容です。

前職の仕事に疲れてしまい、ビルメンテナンスを目指そうというケースも少なくないようです。

たしかに、ビルメンテナンスはトラブルがなければルーティンワークも多く、宿直勤務が入る職場は年間休日数がかなり多めとなっています。

自分の時間を多く持ちたい人にとっては、残業がほとんどないのも、この仕事のよいところといえるでしょう。

ただし、こうしたポイントは勤務先によって変わってきますし、なかには過酷な労働環境の現場もあるため、この仕事についてよく調べて、さまざまな会社を見てから転職したほうがよいでしょう。

ビルメンテナンスの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からビルメンテナンスになるには

未経験からビルメンテナンスになることはさほど難しくはありません。

求人数も多いため、特別な知識や技術を持っていなくても、ビルメンテナンスへの転職で苦労することはほとんどないでしょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ビルメンテナンスへの転職に必要な資格・有利な資格

ビルメンテナンスになる時点では特別な資格は求められないことも多いですが、いざ働き始めると、たいてい業務上必要な資格の取得を促されます。

また、この仕事は給与水準が低めであることから、資格手当がつくことで給料がアップできると努力する人も多いです。

資格取得を目指していかないとビルメンテナンスの仕事で長く活躍し続けるのが難しいこともあるため、こうした勉強や努力ができるかも転職の際の検討材料に入れておいたほうがよいでしょう。

ビルメンテナンスになるには

ビルメンテナンスへの転職に役立つ職務経験は?

電気工事士・消防設備士・空調関係など、実務で役立つ経験を持っていると歓迎されるでしょう。

施工管理職なども、ビルメンテナンスの仕事では経験を生かすことができます。

また、ビルメンテナンスをする上では業者やテナント担当者との付き合いも多いため、営業や接客の経験がある人もコミュニケーション能力を生かせます。

ビルメンテナンスへの転職面接で気をつけるべきことは?

ビルメンテナンス会社には、それぞれ得意分野があります。

親会社の業務内容などを調べるとわかりますが、デペロッパーから派生したビルメンテナンス業者は、構造上のトラブルが発生した場合に強みがあります。

また、警備会社から派生したビルメンテナンス業者は防犯対策が得意など、それぞれの得意分野を生かしてビルメンテナンスをしています。

自分はどのような会社を志望するか、どのような働き方をしたいかによって志望先をしっかりと考える必要がありますし、面接の際も企業それぞれの強みをしっかりと把握しておくことが必要です。

ビルメンテナンスに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ビルメンテナンスの仕事は体力をさほど必要とするものではないため、50~60代で転職する人も少なくありません。

近年は教育に力を入れている会社も増えているため、20代から30代のなかばくらいまでは、転職の際もそれほど苦労することはないでしょう。