自動車ディーラー社員の給料・年収

平均年収

自動車ディーラーの平均年収は、毎年、400万円~500万円程度となっているようです。

営業職については、個人個人に「ノルマ」が課せられているため「基本給」+「歩合給」で成り立っている場合が多いです。

初任給は手当を含めて大卒で20万円~23万円程度となっていますが、ここからどれだけ収入アップできるかは、個人の成績によっても変わってきます。

たくさん売れた月には多くの収入を得ることができますが、あまり売れない月は思うような収入が得られないかもしれません。

自動車ディーラーはとにかく「売ること」に力を入れているため、営業はノルマをしっかりとクリアすることを意識して働かなくてはなりません。

整備職については、固定給で整備専門学校卒業の場合、初任給が18万円~20万円程度となっているようです。国家資格である自動車整備士資格を取得していることで、基本給に加えて資格手当も支給されます。

諸手当

自動車ディーラーでは、さまざまな諸手当が用意されています。

まず営業職の場合、個人の売上や成果に応じた手当があります。自動車の販売台数や売上額に応じた手当のほか、保険やJAFへの加入を勧めて契約がとれれば、それに対する手当も支給されます。

整備職であれば、国家1級整備士手当、国家2級整備士手当、自動車検査員手当、整備主任者手当などが代表的な手当となります。

また、大手自動車メーカーのディーラーであると、メーカー独自の整備士資格に合格することで手当がつくケースもあるようです。

このほか、一般的な手当として、時間外手当、役職手当、通勤手当、家族手当、住宅手当などがあります。

福利厚生

福利厚生の代表的なものとしては、各種社会保険完備、退職金制度、社員持株制度、財形貯蓄、保養施設などが挙げられます。

また、自社で自動車を買う際には、10~20%程度の社員割引が適用されるようです。