自動車ディーラー社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

自動車ディーラーの勤務時間は、だいたい9:00~19:00くらいの間で設定されており、実働は7.5時間~8時間程度です。

基本的には勤務先となる店舗の営業時間に合わせて働くことになり、夜勤など深夜に働くといったことは普通ありません。

なかにはフレックスタイム制度を設けている職場もあるようです。

休日・休暇

自動車ディーラーの休日は、一般的なオフィスワーカーの人とは異なり、平日となることがほとんどです。

それというのも、自動車ディーラーはたいてい土・日曜日に最もお客さまが多くなるため、社員も週末は出勤する必要があるからです。

多くの自動車ディーラーでは月曜日~水曜日のいずれかを定休日としており、定休日に加えて週に1日程度の休み、月間では8日程度の休みというケースが一般的です。

さらにゴールデンウィークや夏季、年末年始などはだいたい連休となり、年間休日は110日~120日程度となるでしょう。

このほか、年次有給休暇、特別休暇(慶弔休暇、産前産後休暇、育児休業、介護休業など)が代表的な休暇制度です。

残業

自動車ディーラーでは、どうしても残業が増えてしまうことがあります。その理由としては、個人のお客さまを対象とする仕事であるため、お客さまの都合に合わせて動かなければならない場面が多くなるからです。

車の引き取りや納車、あるいは営業フォローなどで、お客さまが仕事から帰宅された後に、お客さまと電話やメールでやりとりをしたり、自宅へ向かったりすることはしばしば発生します。

また、自分が休みをとっている日でも、担当のお客さまから連絡が入れば急いで対応しなくてはならないことも出てくるでしょう。

こうしたことから、自動車ディーラーでは残業が多めとなりやすいといわれているようです。ただし、職場環境は会社ごとにだいぶ異なりますし、ほぼ定時で帰宅できる日もあるようです。

勤務時間が長く、自動車ディーラーとして働き続けるのが辛い場合、転職を考えるべき

自動車ディーラーは、担当のお客様に合わせて動く必要があるため、急な残業が発生しがちで、勤務時間は長くなってしまうことが多いです。

自動車ディーラーの経験を活かして、他の業界の営業職として活躍することもできるため、勤務時間が長く、このまま働き続けるのが辛いと感じている場合、他の業界や会社に転職を考えるのも大切になります。

自動車ディーラーへの転職を検討している場合は、リクルートエージェントを利用してキャリアコンサルタントによるアドバイスを受けるのもよいでしょう。

職場環境が整っている案件が充実しているので、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。