自動車ディーラー社員のやりがい、魅力

お客さまとの信頼関係を築けたとき

お客さまにとって、車は、住宅の次といっていいほど高い買い物となります。

そんなお客さまの気持ちに寄り添って、信頼関係を築いていくことができることは、自動車ディーラーで働く喜びとなります。

また、購入後も愛車に何かトラブルがあった際には、「頼れるパートナー」としてディーラーに相談にいらっしゃる方が大勢います。

「いつもありがとう」「これからもよろしく」といった言葉をかけていただくと、本当にうれしい気持ちになります。ときには、新しいお客さまを紹介してもらえることもあります。

お客さまの信頼を得ることができたと思えたときには、自動車ディーラーとして大きなやりがいを感じることができます。

成果が評価に結びつきやすい

自動車ディーラーでは、毎月、販売台数などの数値目標を掲げて営業していきます。

メンバー全員で協力して目標を達成するためにがんばることはもちろん、営業であれば個々の売上といった成果が目に見えやすく、それがやりがいにつながる面もあります。

努力をして成果を出せるようになれば、その分だけ昇給したり、役職がついたりすることにもつながります。

こうした点を通じて日々の成長を実感できることも、自動車ディーラーで働くやりがいのひとつだといえるでしょう。

車に深く関わっていける

自動車ディーラーで働く人の大半は、「もともと自動車が好きで、自動車に携わる仕事がしたかった」という風に話します。

実際、自動車ディーラーでは毎日車を見ながら働くことができ、ピカピカの新車を眺めているだけで興奮するという人も多いようです。

「好きなことを仕事にできる」というのは、それだけでもやりがいになるといえるでしょう。

また、店舗で開催されるキャンペーンを企画したり、お客さまにとって居心地いい空間づくりをしたりと、車に関わりながら幅広い業務に携わることができるのも魅力のひとつです。