自動車ディーラー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

数字との戦いになる

自動車ディーラーでは、毎月、必ず目標とする売上額を設定して仕事を進めていくことになります。

順調に売れている月は達成感もあるのですが、満足いくように売れない月は、非常に大きなプレッシャーがのしかかってきます。

とくに営業であれば、個人の「ノルマ」が課されるケースが多く、直接的に数字を意識しなくてはならないため、胃の痛くなるような思いをすることもあるかもしれません。

自動車は1台で数百万といった高額な商品ですから、思うようにポンポン売れるとは限りません。売ることの難しさを実感することも出てくるでしょう。

週末は出勤になることも多い

自動車ディーラーでは、たいてい週末が最も忙しくなります。世間では土日休みの仕事が多く、「休日に自動車を見に行きたい」と考えるお客さまがたくさんいるからです。

そのため、多くのディーラーでは月曜~水曜のいずれかを定休日としており、そこで働く自動車ディーラー社員は、週末には必ず出勤しなくてはならない場合が多くなります。

平日、街が空いている日に休めるのはよいところですが、人によっては友人や恋人と休みの日が合わない、連休がとりにくい、といった悩みが出てくるかもしれません。

クレーム対応もある

自動車ディーラーとして働いているなかで、お客さまと信頼関係を築いていけることは大きな喜びになります。しかし、一方ではクレームを受けてしまうことも決して少なくはありません。

お客さまは一人ひとり多様な価値観を持っており、性格も異なります。穏やかな方もいれば、気性の荒いような方もいます。

どれだけ間違いなく、誠実に接していたつもりでも、理不尽なことを言われてしまう可能性もゼロではありません。

客商売である以上、クレームを完全に避けるということは非常に難しいものです。人間関係において、ときに精神的につらい思いをする覚悟は持っておいたほうがよいでしょう。

自動車ディーラーで働くのが辛い場合は、転職を考えることも大切

自動車ディーラーはノルマに追われることが多く、精神的に辛い思いをする人は少なくありません。

このまま自動車ディーラーで働くのが辛い場合、他業界への転職を考えることも大切であると言えます。

自動車ディーラーへの転職を検討している場合は、取り扱い求人件数が豊富なエージェントを利用するのも一つの方法です。

リクルートエージェントは、ルート営業などノルマが厳しくない営業職求人紹介や、キャリアコンサルタントによるアドバイスを受けることもできますので、まずは気軽に相談してみましょう。