Webデザイナーの給料・年収

平均年収

Webデザイナーの給料は勤務先の企業によっても異なりますが、Webデザイナーのおもな職場となる制作会社は中小規模のところが多いため、高い給料をもらえる人はさほど多くないようです。

また、Web業界が活性化するにつれてWeb制作会社の数もどんどん増えており、競争が厳しくなっていることから、単価は下がる傾向にあり、それが従業員の給与にも影響しているようです。

平均年収は300万円〜400万円くらいが平均とされていますが、「Webディレクター」や「Webプロデューサー」になると、もう少し高い給与を見込むことができます。

キャリアパスは勤務先や個々によって異なるものの、デザイナーを経てディレクター、プロデューサーになるケースは珍しいものではありません。

実力次第で大きな収入を得ることも可能

Webデザイナーは、独立してフリーランスで働く人も多い職業です。

すぐれたデザインを作成することができる人は、一人でも生計を立てることが可能です。

ただし、フリーランスになるとデザインの実力があるだけではなく、営業活動をしたり、取引先とコミュニケーションをとったりということも必要になってきます。

独立を考えるのであれば、在職中に人脈をつくっておくことも大切です。

大手企業と取引をしたり、規模の大きな案件に携わったりすることになれば、会社勤めのときよりもたくさんの収入を得ることも可能になります。

また、フリーランスになると、基本的に仕事の単価は自分で決めることができるため、実力やセンスがあれば、どんどん収入をアップさせていくことも夢ではありません。

ただし、よほどの強運者や天才でもない限り、すぐに独立して成功するのは難しいものです。また、Web業界は流れが速いため、最新の知識を身につけておくことも大切です。

日々の努力を積み重ねていけば、独立して自分のやりたい仕事をこなしながら、しっかりと稼いでいくことも可能になるでしょう。

Web制作関連職全体の平均年収

WEB制作関連職全体での平均年収は518万円です。20代前半は258万円と低めの年収ですが、40歳以上の平均年収は約600万円となっています。
WEB制作関連職の平均年収2010のグラフ

Webデザイナー職の平均年収

WEBデザイナー職の平均年収は401万円となっています。年齢の上昇とともに年収も増加し、40歳以上の平均は483万円となります。
WEBデザイナー職の平均年収2010のグラフ

仕事体験談