スポーツトレーナーの資格

スポーツトレーナーに絶対必要な資格はない

意外なことかもしれませんが、スポーツトレーナーになるのに、必ずしも資格は必要ありません。国家資格も設けられていません。

代替医療のできる医療系国家資格をもつ人が多い

しかし、スポーツ選手を身体面からサポートするため、基礎医学はもちろん、トレーニング理論から体調管理に至るまで幅広い専門知識が必要です。

特に外傷に対する対応を求められるため、実際にスポーツトレーナーとして働いている人には、代替医療のできるはり師や灸師、あん摩マッサージ圧師、柔道整復師、理学療法士といった国家資格をもつ人が多くなっています。

柔道整復師は、「接骨」や「ほねつぎ」として知られ、打撲やねんざ、骨折、脱臼、挫傷などの施術を行います。

この柔道整復師を始め、はり師や灸師、あん摩マッサージ圧師は、いずれも高校卒業後、指定の学校や養成施設で三年以上知識と技能を習得し、国家試験を受ける必要があります。

また、理学療法士は、病気や事故などで傷害を負った人が、社会復帰を目的に運動機能の回復治療を行う技術者のことです。国の指定する理学療法士の養成施設を卒業して国家試験を受けます。
理学療法士の仕事
柔道整復師の仕事
あん摩マッサージ指圧師の仕事

スポーツトレーナーには民間資格が設けられている

スポーツトレーナーの資格としてよく知られるのは、日本体育協会が行う「公認アスレティックトレーナー制度」と、「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)」のものです。

日本体育協会の公認アスレティックトレーナーは、すでにトレーナーとしては活動している人については養成講座を受講し、検定試験に合格すれば認められます。

ただし、養成講座を受講するには、各都道府県の体育協会や、各スポーツの協会の推薦が必要になります。

また、これからアスレティックトレーナーになりたいという人が取得するには、日本協会認定の専門学校や大学を卒業し、検定試験に合格する必要があります。

「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会」は、1995年に柔道整復師の団体が中心となって設立されました。

スポーツ障害の悪化を防ぎ、スポーツ障害の予防を積極的に行うことで、スポーツ活動の発展に寄与しようとする団体です。

医療系国家資格をもち、スポーツ科学の専門科目の単位を取得するか、指定の専門学校や大学、大学院を卒業し、所定の臨床医療系科目の単位を取得すると、「認定アスレチックトレーナー:JATAC−ATC」の称号使用が認められます。

アメリカでは、「全米アスレティックトレーナーズ協会(NATA)」の公認資格が有名です。

この資格を取るには、「準医療従事職教育認定委員会(CAAHEP)」によって認められた養成施設でアスレティックトレーナーのプログラムを卒業し、国家試験(BOC)を受ける必要があります。

最近、日本人にも、この資格をもち、アメリカでトレーナーとして働く人が増えています。そこでキャリアを積み、帰国してプロチームや社会人チームと専属契約を結ぶ人もいます。