スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーになるまでの道のり

スポーツトレーナーになるための代表的なルートは、2つあり、一つは、スポーツトレーナーを養成する専門学校や大学の体育系学部を卒業して、日本体育協会の「アスレティックトレーナー」や「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)」などの資格を取得するケースです。

もう一つは、柔道整復師や鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師、理学療法士を養成する専門学校を卒業して、それらの国家資格を取得するケースです。

しかし、いずれかの資格を取得したからといって、すぐにスポーツトレーナーとして働くことは難しく、公募もほとんどないと考える方がいいでしょう。

採用は、実績と人脈が大きなポイントとなるため、スポーツジムや治療院、整体院、鍼灸院などに就職して、それぞれの施設で勤務しながら経験を積む一方、大学や高校などへスポーツトレーナーとして派遣され活躍することが最も一般的なルートとなっています。

スポーツトレーナーの資格・難易度

スポーツトレーナーになるために必要な国家資格はありません。

しかし、人間の体の構造や機能、トレーニング理論などの専門知識が必要であるため、医療系の専門学校や大学の体育系学部で学び、「アスレティックトレーナー」や「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)」などの資格を取得している人が多くなっています。

そのほか、スポーツトレーナーは試合や練習中に起きるケガや腰痛や膝痛・肩痛といったスポーツ傷害に対応するため、柔道整復師や鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師といった医療系の国家資格を持っている人も多くいます。

スポーツトレーナーに資格は必要? おすすめの資格は?

スポーツトレーナーになるための学校の種類

スポーツ系の大学や専門学校

スポーツトレーナーを目指す人の進学先としては、スポーツトレーナーの養成を目的とした専門学校、体育系の学部のある大学があります。

こうした専門学校や大学は、すでに現場で活躍している先輩も多く、現役トレーナーと身近に接することができるのもメリットです。

大学に進学した場合は、どこかの部に学生トレーナーとして入部することも可能です。

海外留学でキャリアを積む

近年は海外留学で資格を取り、海外でキャリアを積む人も増えています。

スポーツトレーナーの分野は、日本よりアメリカやカナダの方がはるかに進んでいるため、アメリカの大学などで勉強して資格を取得し、それぞれの州で認定されれば、プロからアマチュアのチームはもちろん、地域のスポーツ団体やスポーツジム・企業・病院など就職先は豊富です。

自身の腕を磨いてステップアップしながら、プロチームで経験を積み、帰国後即戦力として働く人も増えつつあります。

スポーツトレーナーになるために勉強すること

スポーツトレーナーの勉強

専門学校や大学で勉強するのは、人間の体とその機能を始め、基礎医学・栄養学・トレーニング・テーピング法・スポーツ障害や外傷・救急措置法・マッサージ理論と実技・一般整形疾患などとなっています。

身体に関する知識はもちろんですが、実際のトレーニングやテーピング、救急措置法など実践的な内容も多いのが特徴です。

最新のトレーニング情報

スポーツトレーナーは、日々の勉強がとても大切です。

体を鍛えることは、スポーツ選手だけでなく一般の人にも関心の高いテーマです。

医学だけでなくトレーニング法や体のケア方法も、常に進歩していますし、向上心の強い選手や指導者ほど、最新の情報を求めています。

質問されたときに、的確な対応ができなければ、信頼を失いかねないため、インターネットや雑誌、テレビ番組などをチェックし、最新の情報の中から的確なものだけを取捨て選択しトレーニングに取り入れていく必要があります。

正しい情報を見抜き伝える

選手の中には、昔ながらの迷信を信じていたり、誤解したりしている人もいます。

医学や科学の進歩により、新たな知見によって対処法が変わるケースもあるため、常に最先端の情報を入手し、的確な治療を行えるようにしておくことが大切です。

そして、誤った情報を持っている選手に対しても、きちんと説明できるように勉強することがスポーツトレーナーの役割でもあります。

スポーツトレーナーになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

スポーツトレーナーに向いている人

スポーツトレーナーに向いているのは、裏方として縁の下の力持ちになれる人です。

主役は選手なので、常に相手の体や心の状態を考え冷静にサポートできる人が向いています。

またスポーツトレーナーには、高いコミュニケーション能力も必要です。

選手がケガなどで調子の悪いときや成績を上げられないときでも、相手の状況や性格、コミュニケーション能力などを考えた上での対応が求められるため、どんなときでも常に相手のことを考え行動できる人こそが、スポーツトレーナーに向いているといえるでしょう。

スポーツトレーナーに向いている人・適性・必要なスキル

スポーツトレーナーのキャリアプラン・キャリアパス

プロスポーツ界でスポーツトレーナーとして働く場合は、1年ごとに契約し、年俸という形で給料が支払われることがほとんどです。

高倍率を潜り抜けてスポーツトレーナーになったとしても、成果を上げられなければ契約を打ち切られてしまうこともあり、長く続けるのは難しい仕事でもあります。

そのため、スポーツトレーナーとして長く働く人は少なく、年齢を重ねると後進を育てる指導者となったり、パーソナルトレーナーに転身したりします。

スポーツトレーナーを目指せる年齢は?

スポーツトレーナーは長く続けられる仕事ではありません。

しかし経験を積まなければ仕事に就くことができないため、スポーツトレーナーとして活躍できる期間は他の職業に比べると圧倒的に短くなります。

スポーツトレーナーとして活躍する人の平均は30代で、多くの人が40代から50代になると一線を退きます。

スポーツトレーナーを目指すのであれば出来るだけ早いうちから経験を積み、チャンスを待つことが重要です。

「スポーツトレーナーになりたい」と考えている場合は、スポーツの専門学校に通うのが近道です。

ヒューマンアカデミーは、プロ講師による指導を受けることができるのはもちろん、福岡ソフトバンクホークスやサンフレッチェ広島などと繋がりがあり、インターンにも参加できます。

資料請求は、完全無料になっていますので、少しでもスポーツトレーナーを目指したいという気持ちがある人は、まずは無料資料請求してみるとよいでしょう。