スポーツトレーナーの仕事内容

スポーツトレーナーの仕事とは

スポーツトレーナーは、選手がコンディションを保ち、最高のパフォーマンスを発揮できるようにサポートする仕事です。

サポートするスポーツはサッカーや野球などをはじめ、あらゆる種類のものにそれぞれ対応します。

プロ野球チームやJリーグなどでは、チームに所属し専属で働くスポーツトレーナーもいますが、そのほかに高校・大学・社会人チームなどでは、スポーツジムや整体院などから派遣されて、必要な日だけ働くという人もいます。

スポーツトレーナーの業務の内容

運動能力やパフォーマンス力を高める

スポーツトレーナーの主な仕事は、運動能力やパフォーマンス力を高めるためのトレーニング指導です。

体幹部を中心とした筋力トレーニングやバランス感覚を養うトレーニング、また、近年重視される体の柔軟性を養うトレーニングなども指導します。

チームにフィジカルコーチがいる場合は、その補佐をします。

ケガや故障の予防と応急措置

スポーツ障害や外傷の予防と応急措置も大切な役割です。

競技中や練習中に起きるケガはもちろん、スポーツを長く続ける選手に起こりうる腰痛や膝痛・肩痛・ヒジ痛や骨の変形などを予防します。

また、ケガなどから復帰を目指す選手へのリハビリの指導も行い、突発的なケガが発生した時には応急措置やマッサージ、テーピングなどで対応します。

医者の診察を受けた場合は、担当医とよくコミュニケーションし、その選手の状態や将来の見通しなどを監督、コーチに報告します。

試合に向けたコンディション調整

選手の状態を見て、監督やコーチと練習や休養のスケジュールを考えたり、疲労回復を目的としたトレーニングやスポーツマッサージで選手のコンディションを整えたりします。

また、試合に向けたコンディションについて選手の相談を受けたり、アドバイスをしたりします。

試合当日は、ウォーミングアップやクールダウンを一緒に行うこともあります。

スポーツトレーナーの役割

チーム作りに深く関わる

スポーツトレーナーの役割は、スポーツ選手を体の面からサポートすることです。

活躍の場はプロチームや企業チーム・地域のクラブ、さらには学校のクラブ活動までさまざまですが、個々の選手のケアからチーム全体のパフォーマンスの向上まで担当して、チーム作りに深く関わっています。

心技体の「体」を担う

「心・技・体」という言葉がありますが、スポーツトレーナーはそのうちの「体」を担当します。

選手の身長を伸ばすことはできませんが、それに代わり体重や筋肉量を増やして体を大きくするためのサポートをするなど、選手の将来を見据えた体作りは大切な役割です。

また日々の体調管理はもちろん、ケガをしてしまった際のリハビリに付き合うのも大事な仕事で、休養や練習での別メニューを指示するのも大切な仕事です。

近年は筋肉を柔らかくして、選手が思い通りの動きができるように鍛えるのもスポーツトレーナーの重要な役割となっています。

身体だけでなく心のケアも行う

スポーツトレーナーは、仕事を通して選手の「心」のケアも行わなくてはなりません。

ケガや故障をして落ち込んだ時のケアはもちろん、競技に取り組む姿勢やモチベーションの維持といったメンタル面の指導が欠かせません。

さらに、選手が取り組むフィジカルトレーニングは、そのまま技術の向上に直結させる必要があります。

スポーツトレーナーは、「体」を中心にサポートしながら、選手の「心」や「技」についても密接に関わる仕事なのです。

スポーツトレーナーの見習い期間

チームの選手数が多い場合、一人ではなく、何人かのスポーツトレーナーが役割を分担しながら担当することもあります。

経験が必要な仕事ですので、プロチームの新人トレーナーは数ヵ月間、見習いのトレーナーとして働きます。

仕事もアシスタントや雑用が中心で、選手の体にはなかなか触らせてもらえないこともあるため、即戦力としての役割を果たせるよう、学生のうちにインターンシップや学生トレーナーとして経験を積むという人も少なくありません。

スポーツトレーナーの勤務先の種類

スポーツトレーナーはプロ野球やJリーグなどのスポーツチームのスタッフとして働きます。

プロ野球の試合では、スポーツトレーナーが一人ずつベンチに入っていて、現在は1チームにつき12人から8人程度が働いています。

サッカーのJリーグや、バスケットボールのbjリーグなどでも、各チーム数人のスポーツトレーナーと契約しています。

そのほか、企業が抱えるさまざまな競技チーム、全国のクラブチーム、大学・高校などのサークルや部活のチームでも、スポーツトレーナーと契約しているところがあります。

スポーツトレーナーの勤務先と仕事内容の違い

スポーツトレーナーの仕事の流れ

チームと契約するスポーツトレーナーは、練習や試合などすべてチームの一員として行動し、休日も、チームのスケジュールに合わせて取ります。

ただし、休日でも病院に行ったり、リハビリや個人トレーニングをしたりする選手がいるため、休日でも選手に付き合うトレーナーも少なくありません。

社会人や大学・高校のチームの場合には、スポーツジムや整体院などから派遣されるトレーナーが中心で、その場合は、所属のスポーツジムや整体院から給料をもらい、週に数日だけ大学や高校へ通うというケースが多くなっています。

スポーツトレーナーと関連した職業

スポーツトレーナーと理学療法士と仕事内容は似ていますが、怪我や病気が原因で身体の動作が上手く行えない人に対して訓練を行うのに対し、スポーツトレーナーはスポーツ選手を専門に担当します。

もちろんスポーツの分野で活躍する理学療法士もいますが、スポーツの専門家といえるスポーツトレーナーに対し、理学療法士は身体の動作やリハビリの専門家といえるでしょう。

また、スポーツトレーナーには必須となる資格はありませんが、理学療法士は国家資格が必要となり、医療機関で働くのが一般的です。

理学療法士の仕事