NATA認定トレーナーとは

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

NATA認定トレーナーとは

「NATA」とは、アメリカにある「全米アスレティック・トレーナーズ協会(National Athletic Trainers’ Association)」の略称です。

全米アスレティック・トレーナーズ協会が認定するアスレティックトレーナーは、アメリカでは「ATC(Certified Athletic Trainer)」と呼ばれています。

アメリカの国家資格として認められており、日本では一般的に「NATA認定アスレティックトレーナー」と呼ばれています。

日本人にもNATA認定アスレティックトレーナーの資格を取得し、アメリカやカナダといった海外や日本国内で活動しているアスレティックトレーナーが存在します。

NATA認定アスレティックトレーナーの資格取得方法

NATA認定アスレティックトレーナー資格を取得するには、NATAによるプログラムを修了し、認定試験に合格する必要があります。

NATAのプログラムは大学のカリキュラムに組み込まれており、全米に約350校ある認定大学に入学してプログラムを受講し、卒業しなければいけません。

認定試験は筆記試験、実技試験、シミュレーション試験の3つ

NATA認定アスレティックトレーナーの認定試験は、筆記試験、実技試験、シミュレーション試験の3つで成り立っています。

筆記試験はアスレティックトレーナーに関する基礎知識や専門知識、NATAに関する問題などが4択で出題されます。

実技試験は実際にモデルを使って外傷や傷害に対する処置を行い、採点されます。

シミュレーション試験は記述形式で行われるもので、例に出された出来事に対してアスレティックトレーナーとしてどう対応するかを記述するかたちです。

試験は2ヵ月ごとに実施されており、1年以内に筆記試験、実技試験、シミュレーション試験の3つすべてに合格すれば、資格を取得可能です。

1年以内にすべての試験に合格することができなければ、出願からやり直してすべての試験を受け直さなければなりません。

NATA認定アスレティックトレーナー資格をもつメリット

アメリカでアスレティックトレーナーとして活動しようと思えば、ATC(NATA認定アスレティックトレーナー)の資格を取る必要があります。

アメリカだけでなく、海外でアスレティックトレーナーとして活動することを考えているのであれば、NATA認定アスレティックトレーナーの資格取得を目指すことは非常に有効です。

日本国内で活動する場合でもNATA認定アスレティックトレーナーの資格は有効ですが、資格を持っているだけではあまり意味がありません。

NATA認定アスレティックトレーナーの資格を取得したうえで、実際に海外で勤務した経歴があれば、貴重な経験として優遇されることはあるでしょう。

スポーツチームには外国人選手が所属していることも多いですから、単純に英語でコミュニケーションが取れるという点だけでも重宝されることは多いです。

また、近年はアジアの国々などでもスポーツのプロリーグが発展し始めており、海外でアスレティックトレーナーとして活動する選択肢は以前よりも増えています。

スポーツ界の国際化は今後さらに進むことが予想されますから、国際的な活動に有効なNATA認定アスレティックトレーナーの資格を取得しておくメリットは小さくありません。