歯科衛生士への転職

歯科衛生士は国家資格

歯科衛生士の仕事は、医療関係の仕事に就きたい、手に職をつけて結婚後や出産後も働きたいという人にとても人気があります。

現在の仕事を辞めて、歯科衛生士へ転職したいと考えている人もいるかもしれませんが、歯科衛生士になりたいからといって、すぐに転職できるわけではありません。

歯科衛生士は歯科助手と違い、口腔ケアをおこなえる専門職ですので、国家資格が必要となります。

歯科衛生士の資格は、歯科衛生士養成学校へ3年間通い、卒業資格を得た上で、国家試験を受験し合格してやっと手にすることができるものです。

歯科衛生士になるには

したがって、転職先をあれこれ考える前に、まずは資格を得るために3年間学校に通う必要があるということを覚えておきましょう。

家族の協力を得られるか

歯科衛生士への転職の道は、最低でも3年かかります。歯科衛生士の学校に通うとなると、学校選びと学費の工面が必要になります。

看護学校と同様に、医療系の専門学校は実習やレポートが多いため、アルバイトをする時間がありませんから、経済的に家族の協力が必要となります。

その協力が得られるのかどうか、家族で十分話し合ってから歯科衛生士への転職を目指しましょう。

歯科衛生士になったら

歯科衛生士の学校を卒業し、国家資格に合格し、晴れて歯科衛生士になれたら、歯科衛生士への転職の道が開けます。

歯科衛生士の主な就職先は歯科医院ですが、近年は歯科医院が増え、人気のある歯科医院と、淘汰され潰れてしまう歯科医院との二極化が進んでいます。

3年以上の歳月をかけ、やっと歯科衛生士へと転職できたにもかかわらず、転職先の歯科医院が潰れてしまったり、歯科医院の経営がおもわしくなく、待遇が悪いと厳しいです。

そこで、転職する際には、歯科業界の現状、最新の展望などをリサーチし、どのような歯科医院が生き残っていけるのか、生き残れる歯科医院に転職するにはどのような歯科衛生士になればよいのかを分析しましょう。

新卒の歯科衛生士よりも就職経験のある社会人歯科衛生士は就職活動において有利となるポイントも多いです。

自分をアピールできる強みを見つけ、転職活動に活かすようにしましょう。

仕事体験談