歯科助手への転職・未経験でも働ける?



歯科助手への転職状況は?

歯科助手は特別な資格や学歴がなくてもなれる職業なので、未経験からの転職を考える人は多いです。

また、歯科医院は全国にたくさんあるため、転職先も豊富にあります。

幅広い業務をこなす歯科助手は、歯科医院に不可欠な存在として常に需要があります。

求人の数も多く、まったく別の業界で働いていた人でも転職できるチャンスは高いでしょう。

ただし、歯科助手は専門知識やスキルが必要となる仕事なので、同じ求人に複数の人が応募した場合は経験者が優遇される傾向があります。

転職を有利に進めるため、民間の通信講座などを利用して歯科助手に必要なスキルを学んだり、資格を取得したりする人もいます。

歯科助手の求人では、正社員だけでなくパート・アルバイトも多く募集しています。

家庭や子育てと両立しながら働きたいと考える人に人気が高く、求人数は多いものの年々競争率は高くなっています。

歯科助手への転職の志望動機で多いものは?

未経験から歯科助手への転職を目指す動機として多いのは、「資格がなくても手に職をつけられる」「家庭と両立しながら働きやすい」といったものです。

歯科助手になるのに特別な資格や学歴は必要ないため、未経験からでも転職しやすく、さらに医療系の事務としてレセプト作成など専門スキルを身につけることができます。

もうひとつのメリットとして、歯科医院は全国どこにでも存在することから、結婚などを機に退職しても、スキルがあればまた歯科助手として復職できることが挙げられます。

また、アルバイト・パートの雇用形態で募集がかけられていることも多く、午前のみ・午後のみ、週3日のみといった柔軟な働き方ができる点に魅力を感じる人も多いです。

とくに家庭や子育てと仕事を両立したいと考える女性に人気が高く、結婚するタイミングで未経験から歯科助手へ転職するケースも少なくありません。

歯科助手の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から歯科助手になるには

未経験やほかの業種で働く社会人が歯科助手になるには、求人サイトや就職エージェントなどで求人を探して応募する方法が一般的です。

実務経験がなくても応募できる歯科医院も多いため、気になった求人があれば積極的に応募するとよいでしょう。

歯科助手に必要となる歯科や事務に関する知識は、基本的には就職後に実務や研修などで学ぶことになります。

ただし、求人への応募に複数の志望者がいる場合は、経験者が優遇されることも多いです。

未経験からの転職をより有利にするため、民間の通信講座やWeb講座を利用して歯科助手の資格を取得しておくのもおすすめです。

歯科助手は働き始めてから覚えることが多い仕事なので、未経験の場合は若い人が優先的に採用される傾向にあります。

専門知識を証明できる資格を持っていれば、年齢や経験による差を埋めることができるでしょう。

歯科助手への転職に必要な資格・有利な資格

歯科助手になるために取得が不可欠となる資格はありませんが、未経験からの転職では資格を持っていると採用に有利となる場合もあります。

歯科助手の資格は、歯科医師歯科衛生士とは異なり、国家資格ではなく民間資格です。

いくつかの団体が資格試験を実施していますが、難易度はそれほど高くはなく、テキストを見ながら回答するだけでよいものもあります。

代表的な資格としては、学科と実技からなる「歯科 医療事務管理士® 技能認定制度」や、事務とアシスタント両方の知識を問われる「歯科助手検定試験」、ヒューマンアカデミーの講座を受講して取得する「歯科助手専門員」などがあります。

また、歯科助手の資格以外にも、医療事務に関する資格や、パソコン検定、秘書検定といった資格も生かすことができるでしょう。

歯科助手が持っていると有利な資格はある?

歯科助手への転職に役立つ職務経験は?

未経験から歯科助手へ転職する際、これまでの職務経験も積極的にアピールしましょう。

歯科助手は、事務と治療のサポートがおもな仕事となります。

一般事務や医療事務など、事務スキルが求められる仕事に就いていた人は、自己PRなどで伝えるのがおすすめです。

また、歯科助手の仕事には患者さんとのコミュニケーションが欠かせません。

痛みや不安を抱えて来院される患者さんに優しく声をかけて接したり、相談に乗ったりするのも歯科助手の役割です。

販売員飲食店ホールスタッフホテルスタッフ、企業の受付といった接客業の経験は、歯科助手の仕事にも大きく生かすことができます。

さらに、子どもやお年寄りと接することも多いため、保育士や介護職などの経験も役に立つでしょう。

歯科助手への転職面接で気をつけるべきことは?

歯科助手への転職面接では、これまでの職歴や経験、志望動機、自己PRといった一般的な質問のほか、血を見るのは平気か、立ち仕事ができるかといったことが聞かれます。

これらの質問に答えられるよう事前にしっかり準備しましょう。

志望動機や自己PRを伝えるときは、ただ理由や長所を述べるだけでなく、自分自身の経験やエピソードを盛り込んで根拠づけるようにします。

採用後は幅広い層の患者さんと接することになるので、自己PRでは「人と接するのが好き」といったアピールが好印象です。

また、歯科助手は医療の現場で働く職業です。

面接はスーツまたはスーツに準じるフォーマルな服装で臨み、清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

女性の場合は肩にかかる髪を束ね、アクセサリーやネイルはシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

男性の場合は、寝ぐせや無精髭に注意してください。

歯科助手に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

歯科助手になるのに年齢制限はありません。

年齢が条件となる資格なども必要ないため、基本的には何歳になっても目指すことができます。

しかし、歯科助手の仕事は覚えることが多く、スキルを身につけるまでに時間がかかるので、未経験の場合は年齢の若い人を優遇する医院もあります。

そのため、まったくの未経験から歯科助手を目指す人には20代の女性が多いようですが、実際には30代・40代で歯科助手への転職を叶えている人もいます。

年齢で不利になると感じる人は、就職する前に民間の通信講座などを利用して歯科助手の資格を取得するのがおすすめです。

歯科助手の資格取得を目指せる通信講座のなかには、就職後に即戦力となれるよう実技が学べるものや、就職をサポートが付いているのもあります。

年齢にかかわらず歯科助手になるチャンスは十分にあるので、講座や資格など上手く利用して転職を成功させましょう。

未経験から歯科助手の転職での志望動機

未経験から歯科助手へ転職する際の面接では、志望動機をはっきりさせることが大切です。

面接担当者は「なぜほかの業界から歯科助手を目指したのか」、「なぜこの医院を志望したのか」といった具体的な理由に関心があります。

歯科助手になりたいと思ったきっかけや、応募先の歯科医院の取り組みに共感したといった理由を伝え、さらに自分の経験やエピソードを添えると説得力のある志望動機になります。

未経験から歯科助手を目指す人は、いくら事前に調べていても、実際の仕事について詳しく把握しているわけではありません。

そのため、具体的な歯科助手の業務内容を挙げて「自分は向いていると思った」と話しても、実際の仕事内容は異なっていたり、検討違いだったりすることがあります。

歯科助手に求められる適性が自分にあるか、といった視点よりも、歯科助手になりたいと思ったきっかけやエピソードを中心とした志望動機を作りましょう。