整体師のやりがい

患者さんから感謝される

整体師は、直接的に、人から感謝される仕事です。

ほかにも人から感謝される仕事や人の役に立つ仕事はたくさんありますが、患者さんに実際に触れながら施術を行うため、整体師の仕事を通じて得られるやりがいは大きいです。

たとえば、ひどい肩こりや腰痛等でものすごくつらそうにしていた患者さんから、「楽になったよ」と笑みがこぼれたときには、この上ない喜びを実感することができることでしょう。

「困っている人がいたら、助けずにはいられない」という人はやりがいを感じられるはずです。

患者さんとのコミュニケーション

整体師という仕事は、患者さんとのコミュニケーションが命です。

患者さんと他愛もないことを話したりすることも大事ですが、患者さんとのコミュニケーションを通じて、「どこがどのように痛むのか?」を聞き出すことが求められます。

患者さんが何をしてほしいのかを把握し、それを解決できたときには、達成感が味わえます。

最近では、痛みを訴える患者さんだけでなく、単に癒しを求めに院を訪れる患者さんも増えてきており、「コミュニケーションを通じて、いかに癒しをもたらせるか?」が今日の整体師に求められているといえます。

成長を実感できる

整体師の仕事は、患者さんの状態を良くするのみならず、自分自身の成長を実感できる仕事です。

整体師の仕事を通じてさまざまな病気や症状を扱うことになるため、自分の知識も増えていきます。

覚えることが多くて大変な仕事と思うかもしれませんが、「これで少しでも多くの患者さんを自分の手で救えるんだ」と思うと、意欲がわいてくることでしょう。

また、日々患者さんと向き合うことになるため、相手の立場で物事を捉えられるようにもなります。

仕事体験談