理学療法士の現状と将来性

有資格者が増え続けている

理学療法士は、リハビリテーションの専門職として注目度の高い職業であり、社会的にもしっかりとした地位が確立されています。

こうしたことから、理学療法士になりたいと思っている人は多くいます。

実際、理学療法を専攻できる学校の数も伸びており、多くの人が国家資格の取得を目指せる時代になってきました。

決して資格をとるための勉強が楽というわけではありませんが、窓口が広がっているため、結果的に資格を取る人が多くなっているのが、現在の理学療法士の実情です。

これは一見すると良いことに見えますが、少しだけ不安要素もあります。それは、有資格者がそれだけ多くなったことで、以前よりも就職・転職が厳しくなりつつあるからです。

この先、ずっと理学療法士の数が増えていくとなれば、就職が厳しくなることも考えられます。

日々の自己研鑽が大切

しかしながら、理学療法士は医療施設、福祉施設などで非常にニーズが高く、一定の需要は必ずある仕事です。

とくに、高齢化社会が進み続けるなか、リハビリの分野はこれからも大きく発展していきます。

その波に乗り遅れないように学び続けると同時に、自分の工夫で新しいリハビリの分野にも興味を持っていければ、理学療法士として仕事を失うということはあまりないと考えられます。

なお、就職状況が厳しくなりつつあるといわれる理学療法士ですが、同じリハビリ系の専門職である「作業療法士」は、現在のところまだ有資格者がそれほど多くなく、就職もしやすい状況だといわれています。

業務に関連する資格を併せ持ったリ、資格取得後も勉強会や講習会などに積極的に参加して専門性を深め、日々の仕事に真剣に取り組めば、一生ものの国家資格を生かして働き続けることができるでしょう。

仕事体験談