理学療法士の勤務時間、休日

勤務時間

理学療法士は、多くの人が「日勤」で働いています。

だいたい朝の8時から9時くらいに出勤し、18時ころに仕事が終わるというスタイルです。1日の実働は8時間程度となります。

なかには、シフトで「早番」や「遅番」という働き方が用意されている職場もありますが、通常は日勤での仕事がほとんどです。

病院や施設で働くといっても、業務の中心は患者さんのリハビリテーションとなり、看護師や介護職などのような「夜勤」は基本的にはありません。

そのため、あまり不規則な生活にはなりにくく、安定した生活が送りやすいでしょう。

残業はある?

リハビリに関わる理学療法士、言語聴覚士、作業療法士は、他の医療職に比べると残業は少ないほうだといわれています。

とはいえ、残業が100%ないとは言い切れません。決められた勤務時間が過ぎればきちんと帰れることが多いですが、事務処理が残っていると残業をしなければならないときもあります。

しかし、これはあくまでも一般的に見てということであり、職場によっては1日に膨大な量の仕事を任され、残業が多いところもあるかもしれません。

大きな病院で、スタッフの人員が少ないと、やはり負担も大きくなりがちです。

なお、研修がある場合には勤務時間後に参加することもありますが、その分は残業代をもらえる職場もあるようです。

勤務先によっては、理学療法とは直接関係のない仕事をお願いされることもあるかもしれません。残業時間が気になる場合は、就職をする前に確かめておくとよいでしょう。

休日

理学療法士の休日は、職場によって大きく変わります。

施設に勤務し、土日が固定で休みの人もいれば、病院勤務の場合は平日が休みになることも多いようです。

また、週や月によって平日が休みになるか、休日が休みになるかが異なってくることもあります。

全体的には、週休2日のシフト制の職場が多いですが、日曜日が定休でその他の曜日が1日休みといったパターンや、不規則な休日を繰り返し経験する場合もあります。

また、連続した休みを取ることは難しい職場もあるようです。とくに担当する患者さんがいる場合、理学療法士として他のスタッフと相談し、計画的に休みを取ることが必要になります。

仕事体験談