理学療法士の一日

キーポイントは他職業との連携

患者さんのリハビリを実施する際、医師や看護師といった他職種との連携はとても大切です。

理学療法士の1日は、朝、出勤してすぐ行われるミーティングからスタートします。

ここで重要な伝達事項の報告や、患者さんの状態などについて共有を行います。

ミーティングが終わった後、看護師などに患者さんのことで詳しく確認をとることもあります。ミーティングでは聞けない個人的なことを、ここで解決していくことになります。

夜であると、なかなかすべてのスタッフが集まることが難しい場合があるため、この朝の時間は貴重な時間となります。

理学療法をするための準備を行なう

「理学療法」といっても、簡単な道具を用意すればできるものと、大きな機械設備を利用する必要があるものがあります。

簡単な道具であればさっと準備することができますが、大きな機器はセッティングが必要になります。

セッティングをしっかり行なっておかないと、限られた時間のなかで、スムーズにリハビリが進まなくなってしまいます。

そのため、ミーティングが終わった後は、すぐにこの準備に取り掛かることが多いです。機器だけでなく過去のリハビリ記録などのチェックもしていきます。

朝と終業間際が重要

勤務時間中、大半の時間は理学療法に没頭することになります。

ここでは患者さんとのふれあいが大切です。同時に、患者さんのリハビリの状況は細かく記録をとります。

その日、記録をとることをおろそかにしてしまうと、次の日の朝にそれを行うことが多くなり、慌ただしい中で仕事をすることになるでしょう。

朝のドタバタはその後の1日の流れにずっと響いてくるため、できれば避けたいところです。

なお、理学療法士は医療職のなかでは比較的残業が少ない傾向にあります。資料作成などで遅くなってしまうこともありますが、連日残業が続くといったことはそこまでないようです。

1日のタイムスケジュール(例)

8:30 出勤、ミーティング

他職種のスタッフと連絡事項などを確認します。

9:00 リハビリ室でのリハビリ

歩行などの訓練を行います。

11:00 病棟でのリハビリ

入院患者さんの病棟へ行き、寝返りや起き上がりといった基本動作の訓練を行います。

14:30 病棟回診

主治医や看護師などと一緒に病棟を回り、患者さんの状態を把握したうえで今後の訓練内容を検討します。

17:00 カルテ入力/h4>
患者さんの状態と行ったリハビリ内容についてカルテに記録します。

17:30 勤務終了

残業しなくてよい日はすぐ帰宅します。

仕事体験談