「パン職人」とは

パン職人_画像

パン作りの専門家。オリジナルパンの企画・レシピ考案や、厨房での発酵、焼き上げを行う。

パン職人とは、パン作りの専門家として、町のパン屋や ホテルのレストランのベーカリー部門などでパンを製造する人のことをいいます。

商品の仕込みや成形、焼き作業、陳列、接客・販売、オリジナルパンの企画など多岐にわたる業務をこなしながら、お客さまにおいしいパンを届けます。

パン職人になるには、大きく「パン作りを学べる専門学校で基礎から学ぶ」あるいは「最初からパン屋で修行を積む」の2通りの方法が挙げられます。

特別な資格は必要とされないものの、「パン製造技能士」「製菓衛生士」「食品衛生責任者」などを取得すると仕事に役立てることができるでしょう。

勤務時間が長くハードな仕事ですが、独立して成功すれば大きな収入を得ることも夢ではありません。

パンの人気や需要は安定しているものの、ますます高まる消費者の「食の安全・安心」志向に対し、誠実に対応する努力と工夫が求められます。

「パン職人」の仕事紹介

パン職人の仕事内容

パン作りのプロ

パン職人は、パン作りのプロフェッショナルです。

町のパン屋や、ホテルのレストランのベーカリー部門、食品メーカーなどでパンを製造する人のことをいいます。

勤務先によって職人が担当する業務範囲は異なりますが、商品の仕込みや成形、焼き作業、陳列、接客・販売、オリジナルパンの企画など、多岐にわたる業務をこなします。

パンは種類によって原料の配分や製法が異なるため、確かな知識・技術とセンスが必要とされます。

パンは、人々の生活で日常的に食卓に登場するものです。

そのため、パン職人にとっては新商品の開発が大きな課題となります。

閉店後や空いた時間を使ったり、お店のスタッフに意見を聞いたりしながら、新たなヒット商品をめざして努力を続けます。

パン職人の就職先・活躍の場

パンを扱うさまざまな場所で活躍

パン職人といえば町のパン屋をイメージする人も多いと思いますが、ひとくちにパン屋といっても個人の小さなパン屋から、チェーン店までさまざまなタイプがあります。

それ以外にもホテルのレストランのベーカリー部門やパンを扱う食品メーカーなどに就職する人もいます。

多くのパン屋では、パンに関わる全ての作業を行いますが、勤務先によっては種類別に担当を分けたり、製造工程を分けたりして、成形のみ、焼成のみなどそれぞれの作業を分担して行う場合もあります。

パン職人の1日

個人店では早朝からの勤務が基本

多くのパン職人は、開店時間にパンの焼き上がりを間に合わせるため、朝早くから働きます。

「焼きたてパン」をウリにする店も多く、営業後は仕込み・製造を繰り返す店も多いです。

ホールスタッフがいない場合には、パン職人があわせて接客も行います。

<街の個人経営のパン屋で働くパン職人の1日>
4:00 起床
5:00 出勤後、ユニフォームに着替えて続々とパンを焼き上げ
8:00 開店
10:00 ピーク時間帯を避けて昼休憩
11:00 追加のパンの仕込みと焼き上げ
17:00 翌日の仕込み準備
19:00 閉店後、厨房をきれいに掃除
20:00 退勤

パン職人になるには

進学か修業の道か

パン職人になるためのひとつの道は、パン作りを学ぶことができる専門学校に行くことです。

専門学校ではパン作りの技術から経営のコツまで幅広く学べるだけでなく、連携しているパン屋や菓子店で現場実習やアルバイトでの入店を紹介してくれることもあり、幅広い経験を積むことが可能です。

専門学校には行かずに、パン屋に就職して実際の店舗で修行をするという道もあります。

時間はかかるかもしれませんが、プロの指導を直接受けることができるためメリットは大きいでしょう。

ただし、どちらの場合もパン職人として一人前になるためには修業が必要です。

パン職人の学校・学費

専門学校へ就職が一般的

パン職人になるためには、特別な学歴は必要ありません。

しかし、パン職人になるためにはさまざまな知識や技術が必要です。

パンの作り方だけでなく、調理器具の使い方や商品開発、販売戦略まで、幅広い分野に詳しくなければいけません。

こうしたことを効率よく学ぶための場所として、全国各地に製パンの専門学校があります。

平均的には1年から2年の履修期間で、実習や座学などさまざまな授業を経て、パンに関する基本的なノウハウを学ぶことができます。

パン職人の資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

パン職人として働くうえで特別な資格は必要ありませんが、「パン製造技能士」の資格を取得する人が多いようです。

この他にも「パンアドバイザー」「パンコーディネーター」など、パンに関するさまざまな民間資格があり、必要に応じて取得することができます。

また、パン屋としてお店を開くにあたっては、保健所の許可が必要になります。

自分で作った商品を販売する場合は「菓子製造業許可」、店内で食べられるイートインコーナーを設ける場合は「飲食店営業許可」などがあるので、開業の際には必要な許可をよく調べた上で準備をすることが大切です。

パン職人の給料・年収

ハードな仕事の割に給料は少なめ

パン職人の給料は、平均月収が15万から25万円ほどといわれています。

毎日早朝に出勤し、拘束時間が長くなりがちなことや、体力勝負のハードな仕事であるのに対し、給与水準は決して高いとはいえません。

とくに町の小さなパン屋は売り上げが安定性しないことも多く、個人店の場合は賞与や福利厚生等は見込めないこともあります。

ただし、独立開業して自分の店を持ち、ヒット商品を出してお店を繁盛させることができれば、収入を大幅にアップさせることも可能です。

パン職人のやりがい、楽しさ

自分だけのパンを作る

パン職人が手掛けるものは、食パン・フランスパン・デニッシュなどの食事パンから、近年ではマフィンやベーグルなどスイーツにもなる菓子パンまで実にさまざまな種類があります。

焼きたてのパンを人々に届けることや、自分が作り上げたパンを多くの人においしく食べてもらうことは、パン職人の醍醐味といえるでしょう。

また、パンはシンプルな材料だけに、アイディア次第でさまざまな商品を作り出すことができます。

何年たっても新しいモノづくりにチャレンジできるところがパン職人の魅力です。

パン職人のつらいこと、大変なこと

ハードで体力のいる仕事

パン職人は開店前から閉店までたくさんのパンを作り、一日中何度も焼き上げては販売していきます。

重たい荷物を運んだり、生地をこねたりするなど、一日何度も繰り返す体力的にハードな仕事でもあります。

また、朝が早いためどうしても長時間労働になりがちで、長い時間立ちっぱなしでも働ける体力が必要です。

そのため体力勝負のパン職人の世界はまだ男性が多いですが、近年ではオートメーション化もすすみ、女性の職人も増えてきています。

パン職人に向いている人・適性

パンが大好きな人

パン屋は朝早く開店するため、まだ夜も明けないうちから職場に行き、全ての商品をお店に並べるまで一日中ひたすらパンを焼き続けなければいけません。

パン職人になったら、毎日をお店の中でパンを作り過ごすことになります。

パンは単価が低く、売り上げや給料が不安定だったり低めだったりすることもあります。

「焼きたてのパンの香りのなかで働けることが何よりの幸せ!」と感じられるような、パンが大好きな人でなければ、長期間に渡ってこの仕事を続けていくのは厳しいのが現実です。

パン職人志望動機・目指すきっかけ

パン作りを仕事にしたいという思い

パン職人を目指す人の多くは、「パンが好き」「パンづくりが好き」です。

しかし、それを仕事にするとなると、その思いだけでは面接を突破するのは難しいです。

パン職人は、こつこつと励むパン製造にやりがいを感じられる人や、好きなことになら何時間でも夢中になれるいわば職人気質な人に向いている仕事でもあります。

本気で「多くの人のためにパンを作りたい」「パン作りを仕事にしたい」というやる気や情熱をしっかりと言葉で伝えることが必要です。

パン職人の雇用形態・働き方

正社員としての採用は狭き門

パン職人として働くうえで、正社員の採用は狭き門です。

正社員の就職を希望しても、個人経営のパン屋では特に経営が苦しいため、アルバイトや契約社員での求人募集が多いのです。

未経験者の場合は、まずはアルバイトや契約社員から始めて、能力や勤務態度などが認められれば正社員へとステップアップしていけることもあります。

正社員になるまでは給料が低く経済的に苦労することもありますが、経験を積み重ねながらチャンスを待つことが大切です。

パン職人の勤務時間・休日・生活

とにかく朝が早い仕事

パン職人はとにかく朝が早い仕事です。
多くのパン屋が朝7時から8時ごろには開店します。

その開店時間までにたくさんの種類のパンを焼き上げて陳列しておかなければいけないのですから、パン職人は必然的に夜が明ける前から働くことになります。

「慣れてしまえばなんてことはない」という人も多いですが、慣れるまでは出勤がつらいということもあるようです。

さらに店主として自分のパン屋を持つ立場になると、開店前から閉店時間まで店舗にいなければいけないことが多く、長時間労働になる傾向にあります。

パン職人の求人・就職状況・需要

新卒採用はほとんどなし

パン職人の就職先としては、個人経営のパン屋からベーカリーチェーン店、パン工場などがあります。

大手の店舗であれば毎年新人を採用するというケースもありますが、個人経営のパン屋などは「人手が足りなくなったときに若干名の募集をする」というのが一般的です。

例年必ず採用があるわけではありませんし、必ずしも4月採用とは限らないので、就職を希望するパン屋があるのならば年間を通して積極的に求人情報を集めておくことが大切です。

パン職人の転職状況・未経験採用

未経験可の求人は少ない

パン職人の場合は特別な学歴や資格が必要なわけではありません。

何よりも実力や経験を重視していることが多く、現場経験があることで待遇がぐっと良くなることもあります。

小規模なパン屋では一人ひとりが即戦力として働くことが求められるため、未経験者をゼロから育てる余裕がない店舗も多いのが現状なのです。

求人募集をチェックする際には「未経験でもOK」なのか、「経験者のみ」の募集なのか、経験者の場合はどういった経験が必要なのか、事前にしっかりと確認したほうが良いでしょう。

パン職人の現状と将来性・今後の見通し

オリジナリティのあるパン作り

現代の日本ではパンの人気や需要が高まっており、今後もパンには安定したニーズがあると考えられます。

しかし、コンビニエンスストアやスーパーなど、大規模なパン工場の機械化されたシステムのなかで作られているパンを買う人が増えています。

手作りで勝負するパン職人にとっては、オリジナリティのあるパンを作らなければ、差別化を図ることができません。

また「食の安全・安心」が求められていることから、パンの味だけでなく食材や調理方法にこだわるなどの工夫も必要とされていくことでしょう。