パティシエの志望動機の考え方とと例文を紹介 面接で質問されることは?

パティシエを志望している人のなかで、書き方に困る人は少なくありません。

パティシエの志望動機は企業によって変えなければならない部分も多く、しっかりと企業研究をすることが大切です。

この記事ではより効果的に志望動機を伝えるための要素や、アピールしたいポイントなどを説明していきます。

パティシエを目指すきっかけで多いものは?

多くの人がパティシエになりたいと思う理由は、「洋菓子が好きで、洋菓子を作ることが好き」という気持ちです。

この気持ちはとても大切で、パティシエとして仕事をするうえでも一番大事な部分といえます。

そして、パティシエになると、一生使える技術を身につけられることが大きな魅力となります。

洋菓子を作る技術は経験を積むにつれ上達し、その過程で喜びもたくさん味わうことができます。

自分のスキルが上がっていくのを感じることや、専門的な知識を増やすことは、自信を持ったり誇りを持ったりすることにつながります。

また、一人前のパティシエになったら、多くの進路が開かれます。

有名な洋菓子店で働いたり、自分の店を開いたり、技術を教える立場となって仕事をしたりすることもできます。

そのため、パティシエの仕事は年齢を重ねてもずっと続けることができ、将来の選択肢もより広がります。

パティシエの仕事は、自分の情熱と技術を結びつけて働くことができる充実したキャリアといえるでしょう。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

パティシエの志望動機の考え方

志望動機はさまざま

パティシエの仕事には、いくつもの選択肢があり、どこで働くかによって、なぜその仕事を選ぶのかが変わります。

たとえば、大手の菓子メーカーに就職する場合と、小さな洋菓子店で働く場合では、求められる役割や仕事内容が違うことがあります。

しかし、どの場所でも共通して大切なのは、「洋菓子を作ることが好き」「人々を笑顔にしたい」という気持ちです。

志望動機を考える際には、パティシエの仕事に興味を持った理由と、どこで働きたいのかという気持ちをまとめることがスタート地点です。

そして、パティシエは長い間修行を積んで一人前になる仕事ですから、「将来こんなお菓子を作りたい」「こんな目標を達成したい」という夢や目標を伝えることも大切です。

志望動機で大切なこと

志望動機には正しい答えはありません。

一番大切なのは、お菓子作りへの情熱と、困難に立ち向かう意志をしっかり伝えることです。

実際の洋菓子作りの現場では、「パティシエになりたいと思う人は増えているが、困難があると、すぐに諦めてしまうことが多い」という声も聞かれます。

だからこそ、挫折しない気持ちや夢や目標についてしっかり伝えることが大事です。

そして、夢や目標を実現するためにどんな行動を取るつもりなのか、具体的に考えておくこともおすすめです。

それぞれの企業にあった志望動機を考える

パティシエの仕事内容は、勤務する場所や店舗の規模によって異なります。

洋菓子店に勤務するパティシエはさまざまな菓子をつくるため、幅広い技術が必要になります。

また小規模な洋菓子店では、パティシエは顧客に直接接客し、商品を販売することもあるので接客力や提案力も自己PRになります。

一方、レストラン勤務のパティシエはデザートメニューに載せるデザートの製造を担当するため、美しく盛り付ける技術が必要です。

一部のレストランでは、お客様からの特別な注文に対応することがあるため、独創性のあるメニュー作りが必要です。

ホテル勤務のパティシエは、大規模なデザートビュッフェやウェディングケーキの製造をすることが多く、新しいデザートメニューや季節ごとの特別なデザートを開発することもあります。

そのため、次々に新しいメニューを考えるクリエイティブな力が必要です。

働く環境によって、求められる能力や自己PRの仕方が変わってくるため、自分がどのように働きたいかをしっかりと考えたうえで志望動機を考えましょう。

パティシエの志望動機の例文3パターン

洋菓子店を志望する場合

私は幼少期から洋菓子が大好きで、その魅力に引かれ、将来洋菓子職人になる夢を抱きました。

この夢は高校卒業後に洋菓子専門学校に進学し、技術と知識を磨く一方、洋菓子店でアルバイトを始めました。

そのなかで、洋菓子作りは楽しさと忍耐力の両方を兼ね備えた仕事だと感じています。

まだ経験が浅く、社会の厳しさを十分に理解していないかもしれませんが、洋菓子への情熱は誰にも負けない自信があります。

入社後は、下積みの時期を大切にし、技術を着実に向上させていく覚悟があります。

将来的には、自ら作る洋菓子でお客さまを笑顔にすることが最大の目標です。

私は貴社のような素晴らしい環境で洋菓子作りを学び、多くの先輩方から学びたいと考えています。

ホテルを志望する場合

私は、パティシエとして貴ホテルの魅力をよりたくさんの人に知ってほしいと思っています。

貴ホテルのレストランを家族と何度か訪れた経験があり、特に最後のデザートは非常に繊細で美味しく、私たち全員が幸せな笑顔で食事を楽しむことができました。

専門学校で2年間の洋菓子作りの基礎を学び、その後は洋菓子店でパティシエとして経験を積みました。

この経験を活かし、今度は貴ホテルのお客さまに、再び訪れたいと思ってもらい、さらに宿泊を検討してもらえるような魅力的な洋菓子を提供したいと考えています。

洋菓子メーカーを志望する場合

私は幼少期からケーキや焼き菓子が大好きで、誕生日やクリスマスなどの特別な日だけでなく、普段から家族で洋菓子を楽しむ習慣がありました。

特に貴社の製品には特別な親しみを感じています。

季節ごとに変わるケーキの多彩な品揃えや、他社とのコラボレーションなど、店舗に足を運ぶたびに楽しませていただきました。

おいしい洋菓子を創ることはもちろん、バラエティ豊かな商品で多くの人々を笑顔にする貴社のパティシエとしての一員になることが私の目標です。

これまでの経験を通じて、貴社の製造現場で、先輩方からの指導を受けながら、お役に立てるよう努力し続けたいと考えています。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

パティシエの面接で聞かれること・注意点

パティシエの面接で聞かれること

パティシエの面接において、一般的な企業の面接で聞かれることに加え、パティシエ特有の質問もあります。

志望動機

なぜパティシエとしてのキャリアを追求したいのか、自分の情熱や興味を説明しましょう。

入社後の目標

パティシエとしてどのような成長を達成したいか、どのような菓子作りに携わりたいかなどの将来の目標を説明しましょう。

実務経験

これまでの洋菓子制作の経験や特技について語りましょう。

どんなパティシエになりたいか

将来のパティシエ像について説明し、自分の熱意を伝えましょう。

好きな商品とその理由

志望するお店の中で特に好きな商品やスタイルについて聞かれることがあります。

あらかじめお店を訪れたり商品を購入したりするなどして、しっかりと企業研究をしておきましょう。

このほか、パティシエは体力を要求される職種であり、長時間労働がある場合も多いため、体力に自信があるかどうかを問われることがあります。

また、一部の職場では、商品を販売する場合があるため、販売スキルや接客能力について尋ねられることがあります。

こうした点も意識し、面接官に自信を持って答えることが大切です。

清潔感を出すことが大切

パティシエは食品を扱う専門職であり、食品衛生への意識が非常に重要です。

面接時から食品衛生に気を配り、プロのイメージを持って振る舞うことは大切です。

たとえば髪型や髪の毛のほつれ、衣服の清潔さや着こなしに気を付けましょう。

清潔感のある外見は。プロフェッショナルとしての印象を高めます。

また爪をきちんと切り、清潔に保つことは食品を扱う際に大切です。

面接の際だけでなく、普段の生活から食品衛生に気を付ける意識を持ちましょう。

パティシエの自己PRのポイント

面接のスタイルは店によってさまざま

パティシエの面接において、情熱と挫折しない強い気持ちが重要です。

面接官に対して、なぜパティシエになりたいのか、どのような情熱があるのかを説明しましょう。

自分の洋菓子への愛情や興味を具体的に示すことが大切です。

また、採用側は志望者が自分の店に合うかどうか、ほかのメンバーと一緒に働けるかを見極めたいと考えています。

なぜその店舗や企業に応募したのか、その特徴やカラーを踏まえながら具体的に説明しましょう。

面接前に店舗やホテルについてのリサーチを行い、その特徴や評判を知っておくことが役立ちます。

面接でそれを示すことができれば、より真剣さが伝わります。

パティシエの仕事は情熱ややる気が求められるため、面接ではこれらの要素をしっかりとアピールすることが成功への近道です。

また、応募する店舗についての深い理解を示すことで、自分がその店舗で活躍できることを訴えましょう。

洋菓子店でのアルバイト経験は役立つ

学生時代に洋菓子店やレストランでアルバイトをすることは、本気でパティシエを目指す人にとって大きなメリットです。

アルバイトを通じて、実際の製菓プロセスに参加できる機会が得られます。

手に職をつけるためには実務経験が不可欠であり、学生時代から技術を磨くチャンスです。

またアルバイトを通じて、将来の職業について現実的な経験を積むことができます。

パティシエの実態や業界の厳しさを理解し、将来に向けて準備をすることができます。

学生時代のアルバイト経験から、パティシエに向けた実践的なスキルと経験を得ることは、将来の成功に繋がる重要なステップです。

面接時にはその経験を活かして自信を持って自己アピールできるでしょう。

パティシエの履歴書で気をつけるべきことは?

パティシエの履歴書は、応募先のお店や企業がどんなパティシエを求めているかを考えながら書くことが大切です。

応募するお店や企業の商品や特徴、コンセプトを踏まえて、その中でなぜその場所で働きたいのかを具体的に書きましょう。

参考書にあるような一般的な表現ではなく、特定の店舗に対する思いを伝えることが重要です。

また、パティシエに必要な体力、精神力、探究心、手先の器用さなど、自分の適性に関連する経験や長所をアピールすることが大切です。

過去の経歴やスキルを通じて、自分がどのように成長し、パティシエになるための努力をしてきたかを示しましょう。

具体的な実績やエピソードを挙げることが、印象づけに役立ちます。

パティシエの志望動機のまとめ

パティシエの志望動機を考えるときは、応募先や自身の経験に合わせたアプローチを取ることが重要です。

志望動機は、応募先の特長や自身の強みに合わせて調整し、説得力のあるものに仕上げることが大切です。

企業研究や自分のこれまでの経験を踏まえて、自分なりの表現の仕方を工夫しましょう。