パティシエールとは? パティシエとの違いは?

パティシエールはパティシエの女性形

「パティシエ(patissier)」という単語は馴染みがあっても、「パティシエール(patissiere)」という単語は耳にしたことがないという人も多いかもしれません。

日本では、一般的に「パティシエ」というとケーキなどの洋菓子を作る人として認識されていますが、この言葉はもともとフランス語で「菓子製造人」のことを意味します。

フランス語を少しでも勉強したことがある人ならおわかりでしょうが、フランス語は日本語とは異なり、名詞などに「男性形」と「女性形」が存在し、それらを使い分ける必要があります。

「パティシエ」という名詞は男性形であり、「パティシエール」は女性形の名詞です。

つまり、フランスでは男性の菓子製造人のことを「パティシエ」と呼び、女性の菓子製造人を「パティシエール」と呼んでいるというわけです。

ちなみに、英語では洋菓子職人のことを「ペイストリー・シェフ(pastry chef)」と言いますが、実際にはフランス語である「パティシエ」という単語がよく使われています。

英語も日本語と同じく名詞に文法的性はないため、女性の洋菓子職人も「パティシエ」と表現します。

パティシエールとパティシエとの仕事内容の違いは?

あくまでも、「パティシエール」が「パティシエ」と異なるのは名詞の形のみであり、仕事内容などに違いがあるわけではありません。

性別には関係なく、洋菓子職人の仕事はたくさんの人が笑顔になるようなおいしいお菓子を作ることです。

そのためには激務といわれる仕事をこなし、腕を磨いていく必要がある点もパティシエとパティシエールでは異なりません。

一般的に男性のほうが体力的に有利であり、細かい作業は女性のほうが得意だといわれることもありますが、どちらの適性も求められるのがパティシエおよびパティシエールという職業です。

パティシエールは日本ではあまり使われていない

「男性形」や「女性形」に馴染みのない日本では、実際に「パティシエール」という言葉が使われることはあまり多くないようです。

女性の洋菓子職人だからといって、つねに「パティシエール」と呼ばないといけないわけではありません。

ただし、一部の洋菓子店やレストランなどでは「パティシエ」と「パティシエール」が明確に使い分けられていることもあるため、洋菓子作りの世界で生きていくとなれば、「パティシエール」の正しい意味を知っておくに越したことはないでしょう。

きちんと使い分けることで、「わかっているな」と思われることもあるようです。

また、洋菓子作りを専門とする女性がみずから「パティシエール」と名乗って活動する場合もあるでしょう。

なお、この言葉の語源であるフランスでは、洋菓子製造人の多くは男性であるようですが、国家資格が存在するなど、職業としての地位はかなり高いものとなっています。

また、国によっては女性のパティシエールも多く存在するようです。

日本でも、近年では女性の菓子製造人が増えているようですから、いずれは「パティシエール」という言葉がもっと頻繁に使われるようになるかもしれません。