パティシエになるには

パティシエになるには

近年、パティシエは男女問わず非常に人気の高い職業となりました。

しかし、一体どうしたらパティシエになることができるのでしょうか。

ここでは、パティシエになるための方法を紹介していきます。

製菓専門学校に通う

パティシエは、専門的な知識やスキルを要する技術職です。

さらに、店舗で販売している洋菓子は店主のオリジナル商品ばかりでなく、伝統的なものも多くあります。

さまざまな商品作りに対応できる力を身につけるため、パティシエを目指す人の多くが専門学校に通い、菓子作りの基本から勉強しています。

調理師専門学校や製菓専門学校などで基礎技術を学び、卒業後、洋菓子店やホテルなどに就職するという方法が、パティシエになる一般的な流れとなっています。

専門学校の中には実習に力を入れていたり、就職サポートを積極的に行ってくれたりするところもあります。

カリキュラムや校風は学校によって大きく異なることがあるため、自分に合った場所を選ぶことが重要となります。

社会人として働いている人向けの夜間コースを設置する学校もあり、別の仕事からの転職を目指す人や、日中はアルバイトで生活費を稼ぎながら学ぶ人もいます。

海外への留学プログラムを用意している専門学校もあります。

自分の学びたいことや進みたい方向性を明確にして、学校を選ぶとよいでしょう。

パティシエになるには

店舗で修行を積んでいく

パティシエになるために必須となる資格はないため、必ずしも学校に通わなければパティシエになれないということはありません。

専門店やレストランなどでは未経験者を採用している例も多く、パティシエになる技術を現場で覚えていくという方法もあります。

この場合のメリットは、実践を通して、現場で必要な知識を早く身につけることができるという点です。

未経験者の場合はアルバイトや契約社員からのスタートがほとんどですが、長く勤めていることで正社員になれる可能性もあります。

しかし、学校に通っていない分、勤務先の店舗で学んだことが自らのパティシエとしてのベースとなります。

店の特徴にもよりますが、体系的に技術や知識を身につけにくい面もあるため、仕事の時間以外に自分なりに学ぶ時間をつくることも大事です。

先に学校に通うか、それともいきなり現場に入って修業をするか、どちらの道を選んでもパティシエになることは可能ですが、ひとたび現場に出れば実力主義の世界です。

パティシエの資格・難易度

パティシエに資格は必要?

パティシエとして働くために取得しなければいけない資格はありませんが、関連資格として「製菓衛生師」と「菓子製造技能士」があります。

取得しておくと一定の技術や知識を持っているという証明になり、就職や待遇面で有利になることがあります。

製菓衛生師の受験資格を得るためには、製菓衛生師養成施設で1年以上学ぶか、2年以上の実務経験を積むことが必要です。

製菓衛生師資格と調理師免許の違い

食品を扱う代表的な資格には、製菓衛生師のほかにも調理師免許などがあります。

製菓衛生師と調理師免許のいずれも、食品調理のエキスパートであることを証明する国家資格です。

調理師免許を取得するには、調理全般に関する専門知識やスキルが必要です。

一方、製菓衛生師は洋菓子作りに特化した資格のため、より専門性の高い知識が求められます。

調理師免許の場合、養成学校で1年以上のカリキュラムを修めると自動的に交付されますが、製菓衛生師は受験資格のみが与えられる点においても両者は異なります。

製菓衛生師試験の難易度・合格率

製菓衛生師試験の合格率は、地域によって異なりますが60〜80%程度となっており、他の国家資格と比べるとやや易しいといわれています。

製菓専門学校に通う場合は、1年以上のカリキュラムを修了すれば受験資格が得られ、試験対策をおこなう学校も多いため、合格はそれほど困難ではないでしょう。

学校に通わない場合、2年以上の実務を経験すると製菓衛生師試験を受験できるようになりますが、働きながら独学で勉強することになるため合格率は少し下がるようです。

パティシエを目指す人におすすめの資格は?

パティシエになるための学校・必要な学歴

製菓専門学校、製菓スクールで学ぶ

パティシエを目指す人の多くは、製菓専門学校や調理師養成学校の製菓コースに通って洋菓子作りの専門知識や技術を習得します。

製菓専門学校では実習などで技術を身につけるだけでなく、栄養学や食品衛生学、色彩学、フランス語、接客術など、パティシエとしての実務に欠かせない幅広い知識を学びます。

また、民間の製菓スクールやお菓子教室に通ってパティシエを目指す人もいます。

専門学校に比べると学べる時間や内容は限られますが、社会人が働きながら通えたり、費用を抑えられたりする点にはメリットがあります。

パティシエに学歴は関係ない

パティシエになるのに、学歴が問われることはほとんどありません。

また、パティシエとして働き始めてからも、学歴によって仕事内容が変わったり、昇進スピードに違いが出たりすることもないといえます。

パティシエは実力主義の仕事であることから、学歴は関係なく、とにかく現場で見習いから修業を積み、実力を高めていくことで一人前になることができます。

たとえ高卒の人であっても現場の最前線で活躍できるパティシエになることは十分に可能です。

パティシエになるためにはどんな学校に行けばいい? 選び方は?(大学・専門学校・高校)

パティシエに向いている人

洋菓子には甘さや飾り付けが繊細なものがたくさんあるため、丁寧で細やかな作業を得意とする人、美的センスのある人はパティシエの素質があるといえます。

そうした華やかなイメージがある一方で、実際のパティシエの仕事には、毎日同じケーキを作り続けたり何時間も同じ作業を繰り返したりといった地味な業務も多いです。

洋菓子が好き、美的センスがあるというだけでなく、1つのことをコツコツ取り組める忍耐力を持っている人がパティシエには向いています。

また、現場では重い食材や調理器具を持ったり、オーブンの前で焼き色を確認して汗だくになる、熱い鍋のカラメルやソースで火傷する危険があったりと、肉体労働が普通です。

体力に自信があることもパティシエに求められる要素といえるでしょう。

パティシエに向いている人・適性・必要なスキル

パティシエのキャリアプラン・キャリアパス

パティシエを目指す場合、製菓専門学校を卒業した後、もしくは見習いとして洋菓子専門店へ就職した後は、一人前になるまで下積みを経験するのが一般的です。

まずは洗い物や掃除などの雑用からスタートし、食材の下処理や仕込みを任されるようになり、数年たってようやくケーキを作らせてもらえるという店舗も珍しくありません。

厳しい修行期間を乗り越えてはじめて、一人前のパティシエとして認められるのです。

パティシエのキャリアパスは大きく分けると、洋菓子店やホテル、レストランなどに勤務して昇進していくパターンと、独立して自分のお店を持つパターンの2通りがあります。

キャリアアップを目指すなら、コンクールへ出場したり資格をしたりといった積極的な努力が必要となりますし、独立を考えるのであれば実績や知名度、開業資金などが課題となってくるでしょう。

パティシエを目指せる年齢は?

パティシエを目指す際に年齢制限はありません。

パティシエは年齢や学歴よりも実力を重視する職業なので、社会人として働きながら製菓学校に通う人や、ライフイベントを経てふたたび昔の夢を目指す人もいます。

しかし、一人前になるには10年かかるといわれることもあるように、パティシエの下積み期間は長く、その間は決して高くない給与で働かなければいけません。

また、パティシエの仕事は立ちっぱなしの体力仕事なので、年齢を重ねていると辛いと感じることも増えてきます。

30代、40代からパティシエを目指すには、洋菓子作りに対する熱意と「絶対にパティシエになる」という強い意志が必要となるでしょう。

パティシエは高卒から目指せる?

高卒からパティシエになる方法

高卒の人がパティシエを目指すには、どのような道があるのでしょうか。

最も代表的な方法といえるのが、高校卒業後にそのまま洋菓子店などの店舗に入って修業を積んでいく方法です。

入店後は見習いからになりますが、現場で先輩に仕事を教わりながらパティシエとして必要なことを学んでいくことができます。

ただし、最初は掃除や洗い物といった雑用が中心で、いきなりケーキなどを作らせてもらえることは普通ありません。

パティシエの世界はいまだ徒弟制度が根強く残っており、店舗によっては非常に厳しい環境で修業を積んでいくことになります。

高卒からパティシエになるメリット・デメリット

パティシエとして働くなかで学歴を気にすることは、ほとんどないでしょう。

高校を出てそのまま就職をすれば、その分、現場に早く入って修業を積んでいくことができます。

専門学校や短大、大学を出てから就職する人よりも2年~4年程度は早く下積み生活を経験し、ステップアップしていける魅力があります。

高卒でパティシエになるデメリットとしては、もしその後、パティシエ以外の道を考えたときに「潰しがききにくい」ということが考えられます。

とくに大学に進学していれば、幅広く一般教養や専門科目について学べますが、高卒の場合はパティシエの世界しか知らないといったことにも陥りがちです。

しかし、パティシエとしてずっと生きていくといった強い覚悟があるのなら、早くに現場に出ることは決してマイナスにはならないでしょう。

なお、高卒の人が学校でも洋菓子づくりの知識や技術を学びたいといった場合、昼間は店舗で働き、夜間の専門学校に通うといった方法も考えられます。

パティシエの現状と今後の見通し

菓子製造業営業施設数

パティシエが働く街のケーキ屋さんなどを含む菓子製造業営業施設は年々増加しています。平成26年時点では、159,443店舗となっており、10年前に比べて大幅に増加しています。パティシエが活躍する場も増えているといえるでしょう。

菓子(パンを含む)製造業数営業施設の推移_26

現状と今後の見通し

近年は個人で出店する小規模な店や、オーガニックにこだわったパティスリーなど、独創性を生かした店舗の出店が目立っています。

一方、パティシエの活躍の場としては規模の大きな部類に入るホテルやレストランでも、「著名パティシエの作るデザート」という触れこみによって、多くのお客さまが来店してくれることは少なくありません。

パティシエとしての確実なスキルを身につけていることはもちろん、今後はより専門性が高く、独創性があるパティシエのさらに需要が高まっていくものと考えられます。