MRの大変なこと、苦労

来る日も来る日も薬の勉強

一人でも多くの患者を病気やケガから救うため、製薬会社は、日々さまざまな医薬品を開発しています。

風邪や頭痛を抑えるための飲み薬、皮膚炎を治すための塗り薬、がんの延命治療に使うための抗がん剤など、その種類は数え切れないほどです。

近年では「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」と言って、これまでに有効性や安全性が実証されてきた新薬と同等の効果を持つ薬が低価格で販売されていることもあり、薬の種類はますます増える一方です。

こうした状況のなか、MRは自分が担当する分野の薬の情報を徹底的に把握するため、日々薬の勉強が欠かせません。適応症や副作用、価格など、誰よりも詳しくならなければいけないのです。

さらに、情報を提供する相手である医師からの信頼を得るためには、最低限の医学の知識があることも重要です。MRとして働くためには、医薬品の勉強や医学の勉強を一生続けていく覚悟が必要です。

情報提供の責任の大きさ

MRの主な仕事は、医薬品に関する正しい情報を医療者に提供することです。

医薬品というのは患者の病気やケガを劇的に改善させる力を秘めている一方で、万が一にも間違った使い方をしてしまえば、重大な健康被害を起こすことにもつながりかねません。

最悪の場合には、副作用で患者が死亡することさえもあり得るのです。

こうした事態を防ぐため、医薬品の情報提供をするMRには、常に責任説明の重大なプレッシャーがつきまとっています。

正しい情報や最新の情報を「わかりやすく」「確実に」「丁寧に」伝えるためにはプレゼンテーションの能力やコミュニケーション能力が欠かせないため、こうした能力を磨き続けることがMRには求められます。

売り上げ目標の達成をめざして

MRは営業マンとしての役割も果たしているため、担当する薬の売り上げ目標を課せられているのが一般的です。

営業成績が伸び悩めば収入や待遇に差が出てくることもあり、なんとか目標を達成するために深夜残業をしたり休日返上で働いたりというケースもあります。

あくまでも、「情報を提供する」だけではなく「情報を提供しながら販売につなげる」ところまでがMRの使命だということを覚悟して働くことが求められます。