MRの勤務時間、休日

病院の開業時間に合わせた勤務

病院や院内薬局を訪問して薬の情報提供をするMRの勤務時間は、病院の開業時間に合わせるのが一般的です。

たいていの病院が朝の8時30分〜夕方17時頃にかけて外来の診療をしているため、この時間内に営業に行けるように調整しながら働くことになります。

基本的には8時半頃に出勤して19時頃に退社するという勤務時間ですが、取引先の医師のスケジュールによっては早朝や夕方、夜遅くに訪問することもあります。

MRは営業マンとしての役割を担っているので、あくまでも取引先の都合を最優先にして自分の予定を組むことが必要不可欠なのです。

営業活動は社用車などを使って自分で運転して出向くことが多く、自社に立ち寄らずに朝から取引先に直行したり自宅に直帰したりすることもよくあります。

比較的フレキシブルな勤務形態になることが多いのがMRの特徴です。

新薬が販売されるときや思うような営業成績が出せていないときなどは、深夜残業をして情報提供のための資料作成をしたり医薬品に関する勉強をしたりすることもあり、忙しい毎日を送ることになります。

また、かつては勤務終了後に取引先の病院の医師を接待する機会が多かったのですが、近年では製薬業界のコンプライアンスが強化されて自主規制されているので、基本的には夜の食事の提供や休日のゴルフ接待を行うことはありません。

土日の出勤が必要になることも

MRが所属している製薬会社は、基本的には土日祝日は休みということが多いので、MRも土日は休むことが可能です。

しかし、担当している病院が土曜日も診療している場合などには、あえて土曜日に営業に行くことで医師とゆっくり話をするチャンスを得られることもあります。

MRの仕事は、スケジュールを自己管理して自分の裁量で働く時間を決めるものなので、取引先の都合や自分の営業成績を考慮しながら「いつ働くか」「いつ休むか」を判断することが大切です。

優秀なMRともなれば、メリハリをつけて働くことで、確実に週末を休みにしたり連休を取得したりすることができ、自分の時間をたくさん持つことができます。