宮大工の仕事内容、役割

宮大工が手掛ける建築物

宮大工は主に神社や仏閣の建築、修繕を手がける職人です。

神社や仏閣を「木組み」と呼ばれる日本の伝統的な工法で造る、木組みのプロフェッショナルといえます。

新築工事だけではなく、改修工事も行いますので、文化財の補修や解体に携わることもあります。

また、城郭建築にも木組みが用いられているため、定期的な修繕も業務の一つです。

さらに建築物以外にも神輿の組み立ても行っています。

また、最近では昔ながらの木組みで住居を建てたいと考える人も少なくなく、一般建築物を手掛けることも増えてきています。

勤務する工務店によっては、木組み工法による工事だけではなく、一般的な在来工法による工事を扱っているところもあるため、場合によっては在来工法の技術も必要とされます。

木組み工法とは

一般的な建築物に多く用いられる在来工法においては、あらかじめ工場などでプレスカットされ、釘や補強金物で補強された木材を使用します。

これに対して、神社や仏閣などを建築する際に用いられる木組み工法においては、釘や補強金物、筋交いを使うことなく、宮大工自ら、手作業で仕口や継ぎ手の加工を行った木材が使われます。

建築物は場所によって、かかる力の強さや方向が異なります。また木材も木のどの箇所で作られたかによって強度が変わってきます。

それらを計算しながら土台、柱、梁など、それぞれに適した木を配していくため、木組みには経験に裏打ちされた深い知識や技術が必要とされるのです。

木組み工法は日本の気候風土に合っており、耐用年数も長く、地震にも強い工法であり、長い歴史の中で廃れることなく今日まで伝わってきました。宮大工にはこの伝統の継承者という側面もあるのです。

また、屋根や梁などでは、木材の曲げ加工が行われたり、ノミなどを用いて装飾を彫ることもあるため、芸術家としての側面もあるといえます。

宮大工の作業内容

木組みで使われる木材は加工を行う前に、図面上のどこの場所に使用するかを決め、番づけと呼ばれる目印をつけておきます。こうすることで場所に応じた強度の木材を確実に使用することができるのです。

建築図面をもとに実物大の寸法でベニヤ板に図面を描くのが木組み工法の大きな特徴の一つです。

こうして部材の寸法や、納まりの確認、実際に加工するための形状の型取りを行っていきます。

原寸図をもとに墨出しを行い、墨に沿って切断した木材の仕口や継ぎ手などの加工も木組みの大切な行程です。このようにして宮大工が自身の手で加工した木材を現場で組んでいきます。

また、見習いの宮大工は現場の掃除や刃物研ぎ、木材のカンナかけなどを主に行います。これらは地味な仕事ではありますが、木組みにおいて大切な作業です。