宮大工の現状と将来性

厳しい寺社仏閣の新築工事市場

寺社仏閣の伝統的な建築を行う宮大工ですが、現代において必要とされているのでしょうか。宮大工の現在の需要状況と業界の展望について見ていきましょう。

日本の建築において、戦前は木組み工法が主流でしたが、現代ではRC造や鉄骨造が広く普及し、木造建築においても、在来工法やツーバイフォー工法が主流となっています。

寺社仏閣の新築工事自体が減少している中、コストなどの問題から、伝統的な木組み工法によらず、近代的な工法による建築が行われるケースも多くあります。

そのため、新築の建築工事においての宮大工の需要は、減少している傾向にあり、寺社仏閣の建築に携わる工務店の数も減少しています。

仕事量を確保するために、寺社仏閣だけを専門に扱うのではなく、一般的な建築も受注する工務店もあります。

伝統建築を継承していくために

新築の工事の需要は減っても、既存の寺社仏閣は、経年劣化により改修工事が必要になりますので、宮大工は欠かせない存在です。

宮大工は、世界最古の木造建築である法隆寺など文化財の保護を通じて、後世に日本の伝統建築を継承していく役割を担っています。歴史的建造物に係わる、解体や修理における需要はなくなることはまずありません。

伊勢神宮では、飛鳥時代から1300年に渡り、20年に一度遷宮と呼ばれる、社殿の造り替えが行われています。後世に建築様式を継承し、保存をすることも遷宮が行われる理由の一つとされています。

宮大工の需要は減少傾向にあり急激に増えることは考えにくいですが、日本の文化を守る重要な職業です。仕事がまったくなくなることはないので、専門的な知識と技術を身につけることで、生き残っていくことが可能となるでしょう。