宮大工になるには

特別な資格はない 宮大工を志す人は神社仏閣の建築を手掛けている工務店に就職し、「棟梁」のもとで見習いから修行を始めることになります。棟梁とは大工の世界の職長、親方のことです。 宮大工の世界では特別な資格は必要とされず、現 … 続きを読む

宮大工に向いている人、適性

宮大工に必要なこと 宮大工には、どのような人が向いているのでしょうか。一般的な大工と共通して求められる適性の他に、宮大工ならではの必要とされる資質もあります。 宮大工の仕事は、見習いの間は、掃除や刃物研ぎ、材料の運搬など … 続きを読む

宮大工になるための学校

宮大工の学校は少ない 建築に関する学校は多くありますが、宮大工になるための専門の学校は限られています。 宮大工になった後に、将来的にどうなりたいのか考え、一般的な建築の学校に行くか、宮大工や大工に特化した学校に行くか、そ … 続きを読む

宮大工に必要なこと、求められるもの

粘り強い根気が必要不可欠 宮大工の世界には昔から「弟子入り5年お礼奉公2年」という言葉があります。これは宮大工が一人前として認められるには最低でも7年間はかかるということを意味します。 もっとも、7年間で一人立ちすること … 続きを読む

女性の宮大工

大工の世界は男社会 宮大工に限らず、大工の仕事は古くから男性がするものであると考えられてきました。たとえ、女性が大工の職を志願しても門算払いされてしまうことがほとんどだったのです。 現在でも女性の大工は珍しく、数十人の大 … 続きを読む