児童指導員になるには? 必要な資格は?

児童指導員になるまでの道のり

任用資格を取得するまで

児童指導員になるには、児童指導員の任用資格を得ることが必要です。

ただし、「医師」や「弁護士」のように、「児童指導員」という資格があるわけではなく、児童福祉法によって定められたいずれかの「任用資格要件」をクリアすることで、半ば自動的に得られるものです。

任用資格要件は複数ありますが、おもなものは以下の通りです。

・4年制大学または大学院の、指定する学部・学科・専攻を卒業する
・福祉系の専門学校など、厚生労働省の指定する児童指導員養成施設を卒業する
・高卒以上の学歴を有したうえで、児童福祉の実務経験を2年以上積む
・幼稚園・小・中・高いずれかの教員免許を取得する
・社会福祉士資格または精神保健福祉士資格を取得する

詳細については、下記リンク先を参照してください。

参考:厚生労働省 児童指導員及び指導員の資格要件等

任用資格を取得してから

任用資格を満たした後は、就職を希望する施設の児童指導員採用試験を受け、内定を得ることが必要です。

児童指導員の就職先は、児童養護施設、障がい児入所施設、児童発達支援センター、放課後等デイサービス事業所など多岐にわたり、運営母体も官民さまざまにあります。

公立の施設については地方公務員試験を、民間の施設については各施設ごとに実施される採用試験を受け、合格すると児童指導員として働けるようになります。

ただし、児童指導員の求人数はさほど多いとはいえず、とくに正規職員の募集は限定的ですので、どこも採用倍率は高くなりがちです。

実務未経験の場合、まずはアルバイトやパートなどの非常勤職員としてキャリアをスタートさせることが必要になるかもしれません。

児童指導員になるまでのルート

児童指導員の資格・難易度

児童指導員の任用資格は、ほかの国家資格や民間資格のように、指定の試験に合格することで得られるものではありませんので、その取得難易度を、ほかの職業と一概に比べることはできません。

しかし、任用資格要件が複数あり、各自の学歴や職歴などに応じてさまざまなルートを選択できることを考えれば、児童指導員の任用資格を得ることは、そこまで難しくはないでしょう。

むしろ、任用資格を得ることよりも、各施設の採用試験に受かることのほうが、ハードルが高いといえるかもしれません。

児童指導員任用資格を取得するには? 資格要件はある?

児童指導員になるための学校の種類

児童指導員になるための学校として最も一般的なのは、卒業するだけで任用資格を得ることのできる、4年制大学の教育学部、心理学部、社会学部、社会福祉学部です。

ただし、教員免許を取得することで任用資格要件を満たす方法もありますので、法学部や文学部、あるいは理系の学部であっても、教職課程のあるところであれば、進学先の候補となります。

また、厚生労働大臣の指定する養成施設に該当する、福祉系専門学校の社会福祉学科、保育学科、幼児教育学科なども、有力な選択肢といえます。

ただし、任用資格要件のなかには、実務経験さえ積めば学歴を問わないルートもありますので、大学や専門学校への進学が必須というわけではありません。

経済的事情や家庭の事情などで進学が難しい人であっても、児童指導員になれるチャンスは十分あります。

しかし、必要な実務経験年数のぶん、キャリアのスタートが遅くなることは否めませんし、また昨今は子どもの養育環境が複雑化し、児童指導員にも、心理学や社会学の専門知識が求められるようになっています。

絶対ではありませんが、できればいずれかの学校に進学することが望ましいでしょう。

児童指導員になるためにはどんな学校にいけばいい?

児童指導員に向いている人

児童指導員に最も必要とされる資質は、子どもが好きであるということです。

児童福祉施設で暮らす子どものほとんどは、複雑な家庭環境を抱えており、多かれ少なかれ、心に傷を負っています。

そんな子どもたちの難しい背景を理解し、大きな心を持って、子どもたちに目いっぱいの愛情を注げる人が、児童指導員に向いているでしょう。

また、子どもを相手に長時間全力で遊んだり、膨大な量の洗濯や洗い物をしたりと、児童指導員はかなりの体力も必要になる仕事ですので、心身ともにタフで、健康に自信があるという人も向いています。

児童指導員に向いている人・適性・必要なスキル

児童指導員のキャリアプラン・キャリアパス

児童指導員の仕事は、一般企業のように具体的な数字上の成果が見えにくいこともあって、ひとつの施設で長く勤めても、係長、課長、部長といったように、昇進していくケースはまれです。

地方公務員として勤務する一部の公立施設を除けば、業務内容や給料などの待遇面も勤続年数とあまり関係がなく、児童指導員のキャリアは、よくも悪くも変化がないといえます。

このため、環境の変化や、能力に見合った雇用条件などを求めて、転職する児童指導員も少なくありません。

児童指導員としてのキャリアアップを目指すなら、保育士、社会福祉士、精神保健福祉士など、児童指導員と関連性の深いいずれかの資格取得を目指すことが必要かもしれません。

なかでも、児童発達支援管理責任者(児発管)は、障がい児を支援する施設において現場をリードする役割を担う資格であり、資格を取得できれば、責任者として活躍することができるでしょう。

児童指導員を目指せる年齢は?

児童指導員の求人は、アルバイト・パートや契約社員としての募集も多く、それら非正規雇用であれば、実務経験も年齢も問わないというところも珍しくありません。

また、任用資格要件を満たしていなくても、児童指導員ではなく「指導員」として働き、実務経験を積むことで児童指導員にキャリアアップする方法も考えられます。

従って、児童指導員を目指せる年齢に、実質的に上限はないといえます。

子どもの生活全般をサポートする仕事ですので、家事や育児などの経験が役に立つことも多く、専業主婦から児童指導員になる人も少なくありません。

ただし、公立の施設への就職を希望する場合は、地方公務員試験の年齢制限がありますので、地方自治体にもよりますが、おおむね40歳未満であることが条件となるでしょう。

児童指導員は女性でもなれる?

児童指導員は、全体のおよそ6~7割が女性とされており、男性より女性の方が多い職業です。

幼年期~少年期にかけての難しい年頃の子どもと直接ふれあうという業務上、母性が感じられ、優しさや細やかさが生きる女性のほうが、児童指導員として活躍しやすいようです。

ただし、長時間にわたって大人数の子どもの遊び相手になるなど、児童指導員は体力が求められる仕事であるうえ、施設によっては宿直を含むシフト制となるケースも珍しくなく、勤務体系はハードです。

心身ともにタフな女性でないと、児童指導員として長く務めることは難しいでしょう。

女性の児童指導員のキャリアパス・結婚後の生活