児童指導員任用資格を取得するには? 資格要件はある?

児童指導員任用資格とは

児童指導員になるためには、児童指導員の任用資格を取得することが必要です。

この任用資格は、ほかの一般的な資格とは異なって、試験を受けて合格するのではなく、児童福祉法によって定められたいずれかの「任用資格要件」という条件をクリアすることによって得られるものです。

任用資格要件は、学歴に関するものや職歴に関するもの、ほかの国家資格に関するものなど、さまざまな条件があり、幅広い人が児童指導員を目指せるようになっています。

一概にはいえないものの、任用資格要件を満たすことは、そこまで困難ではないでしょう。

児童指導員の任用資格要件

児童指導員の任用資格要件は複数ありますが、おもなものは以下の通りです。

・4年制大学または大学院の、教育学部心理学部社会学部、社会福祉学部を卒業する
・福祉系の専門学校など、厚生労働省の指定する児童指導員養成施設を卒業する
・高卒以上の学歴を有したうえで、児童福祉の実務経験を2年以上積む
・幼稚園・小・中・高いずれかの教員免許を取得する
社会福祉士資格または精神保健福祉士資格を取得する

このほか、児童福祉施設での実務経験を3年以上積んだ後に、厚生労働大臣または都道府県知事の認定を受けることで、任用資格要件を満たすという方法もあります。

細かい条件などについては、下記のリンクを参照してください。

参考:厚生労働省:児童指導員及び指導員の資格要件等

任用資格要件を満たすおすすめの方法

高校生など、これから児童指導員を目指す人については、4年制大学の指定学部に進学するルートがおすすめです。

児童指導員として働くための必要な知識に加えて、社会人としての一般教養も身につけることができますし、就職活動においても、大卒の学歴があったほうが有利なのは間違いありません。

これらの大学のなかには、通信制の課程がある学校もありますので、経済的事情で働かなければならない人などであっても、学業と仕事を両立させることは決して不可能ではないでしょう。

児童指導員任用資格の注意点

児童指導員任用資格で注意しておきたいのは、あくまで任用資格であるため、いずれかの施設で雇用されてはじめて、その効力を発揮するという点です。

たとえ任用資格要件を満たしていても、どこの施設にも属していない状態では、児童指導員を名乗ることはできず、また児童指導員として誰かの相談に乗ったり、広報活動を行ったりすることもできません。

児童指導員として働くためには、任用資格要件を満たしたうえで、公立の施設の場合は地方公務員試験を、民間の施設の場合は個別の採用試験をそれぞれ受けて、合格し、施設に配属されることが必要です。

ただし、施設にもよりますが、児童指導員の正規職員募集は数が限られていることもあり、採用倍率は高くなりがちです。

なかでも、公立の児童福祉施設は、公務員という安定した身分が得られることもあって、激しい競争となっているところが目立ちます。

児童指導員としてよりよい雇用条件で働きたいなら、児童指導員の任用資格を満たしているだけなく、保育士や精神保健福祉士など、関連性の深いほかの国家資格も取得しておくことが望ましいでしょう。