ホームヘルパーの活躍の場、就職先

居宅での仕事が中心

ホームヘルパーの活躍の場といえば、訪問介護サービスの現場となる居宅です。

ホームヘルパーは、ケアマネジャーのたてたケアプランに基づいて、介護を必要とされるご利用者の方のお宅に訪問して、日常生活のご支援を行います。

この訪問介護サービスには、「身体介護サービス」と「生活援助サービス」があります。

訪問介護サービスを提供しているのが、介護保険法で指定された訪問介護事業所で、そこに所属して働くことになります。

訪問介護事業は、高齢者や障害者が自立したその人らしい日常生活が送れるように、ホームヘルパーを利用者の家庭に派遣して、身体介護や生活援助を行います。

たとえば、身体介護には、食事や入浴、排泄、体位交換、通院の介助や見守りなどがあります。

また、生活援助は、調理、洗濯、薬の受け取り、買い物などがあります。そのほか、介護者であるご家族の相談にのるなど、精神的なケアも行います。

事業所の種類は、「社会福祉法人」「NPO」「民間企業」などさまざまです。

ホームヘルパーの働く現場は、ご利用者の方が居住されている所、お住まいが介護付きの有料老人ホームや介護付きアパートなどといった形態もあります。

病院への付き添いであれば、ご自宅から病院までの支援をします。

就職先はヘルパーステーションが多い

介護保険制度が創設される前は、社会福祉協議会のような公的機関がホームヘルパーのメインの就職先でした。

ですが、介護保険制度の発展に伴って、民間企業の訪問介護事業所の数が劇的に増え、現在では「訪問介護事業所」通称、「ヘルパーステーション」がホームヘルパーの就職先として最もポピュラーです。

活躍の場は多様化

近年、居宅サービスが発展展開している最中で、ホームヘルパーの活躍の場も若干変わりつつあります。

利用者の方の住まいが多様化していることに伴い、住まいが必ずしも一軒家のご家庭というわけではなくなり、高齢者専用のアパートやサービス付き高齢者住宅など、ホームヘルパーの仕事先も変わってきています。

また、介護サービス付き高齢者住宅や有料老人ホームなど、訪問介護事業所が介護の必要な方の居室に訪問してサービスを行うところも増えてきました。

ホームヘルパーとしての経験を積んでいくことで、訪問介護員の主任ホームヘルパーになって、訪問介護事業所でサービス提供責任者の仕事をすることもできます。

ホームヘルパーの仕事場は多様化しており、キャリアを積んでいけば、仕事の内容や幅が広がっていくおもしろみがあります。

仕事体験談