配管工の独立・開業

独立性の高い業種

現在活躍している配管工の中には一見会社に雇われて働いているように見えても実は一人親方として下請けや応援という形で作業に従事している人が意外と多くいます。

一人親方のメリットは何といっても賃金がアップするということです。働き方次第で雇われに比べて大きな収入増化が見込めるでしょう。

ただし、その代わり、休日は少なくなる場合が多いようです。

また、独立してやっていくためには配管技能士や給水装置工事主任技術者などの資格を取得しておくべきでしょう。これらは自身の技術や知識の証明になるものであるため、仕事を得る際に有利に働きます。

逆に資格を持たない配管工が一人で仕事を得られる可能性は限りなくゼロに近いと考えておきましょう。

独立支援に前向きな会社が多い

配管工に限らず、未経験であった時分、細やかな指導で成長を応援してくれた会社からの独立は気がひけるものと思う人も多いでしょう。

ところが配管工の求人は「独立支援」を明言しているところも多くあります。

各種資格取得にかかる費用を負担してくれたり、研修のための休暇を認めてくれたりと独立支援体制が手厚い会社が多いのです。

これは前述のとおり、配管工が独立性の高い職種であり、独立後も現場での付き合いを続けることができるという特性があることに起因しています。

仕事量の確保に一苦労

配管工が比較的独立しやすい職業であることは前述のとおりですが、問題は一人親方として活躍した後に安定して仕事を確保できるかどうかということにあります。

いい仕事をする配管工が残念ながらせっかく開いた会社を閉めるという話は珍しいものではないのです。

仕事を確保するために、営業力やコミュニケーション能力は雇われのうちに高めておくべきでしょう。

実は配管業は新規参入が非常に難しいといわれています。大体どの建築会社も懇意の配管工を抱えており、工事の際は自動的にその業者に葉注するようなルートができあがっているのです。

雇われのうちに、まず人脈を広げ、独立後に仕事を得られるように準備を始めておく必要があるでしょう。

先輩や同僚と円満な人間関係を構築できることはもちろんのこと、現場で顔を合わせる他社の職人や依頼主などとの関わりは大切にしておくに越したことはありません。

まずは積極的に下請けを

独立してすぐは、それまでの付き合いを利用し、下請や応援として現場に出ることから始めるようになるでしょう。

一見するとそれまでの勤務スタイルと変わらないように見えますが賃金や勤務時間等はこちらから提示することができるため、多少良い条件で働くことができるようになるでしょう。

ゆくゆくは新規で仕事を得られるようになるのが理想ですが、前述のとおりなかなか軌道に乗るまでは難しいのが現状です。小さな仕事でも地道に取り組んで確かな実績を作りましょう。

会社が育つには時間がかかる

求人情報を見てみると、ある程度の規模の配管設備会社は設立から数十年が経っているものがほとんどであることがわかります。

これは独立後、安定して仕事を受注でき、設備が整い、従業員を抱えられるようになるまでには長い期間がかかることを意味しています。

実際、独立して5年以内の配管工は一人親方として下請けや応援を中心に活躍しているか、従業員を雇えても1人か2人程度である場合が多いようです。

このような期間を経て、実績を積み、資金を蓄えて少しずつ会社を大きくしていくことになります。

配管工は前述の通り、独立しやすい反面、新規参入が難しい業界であるため、その期間は長い目でみていく必要があります。