グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーとは

さまざまな媒体において、画像や文字などを効果的に使用し情報やメッセージを伝えるグラフィックデザイン。

そのデザインを考案し、レイアウトや編集を行い、印刷や出版の入稿ができる状態までのデータを制作するのがグラフィックデザイナーです。

媒体は雑誌や新聞などの広告から、ポスター、カタログ、DMなどのプロモーションツール、パッケージや店舗の看板に至るまで、多岐にわたっています。

仕事の流れ

まずは、商品の宣伝を行いたいメーカーや、その依頼を受けた広告代理店、出版社などから依頼を受け、商品情報や企画意図、ターゲットなどを確認する企画会議からスタートするのが主流です。

その企画内容に合わせ、プロデューサー、ディレクター、プランナー、コピーライター、カメラマンなどとチームを組んで相談しながらひとつの案件を作り上げていきます。

チームのメンバーや依頼主のチェックにより何度も修正を繰り返す場合もあるため、根気が必要な仕事だといえるでしょう。

出版物の場合は出版社に入稿データを納めた時点、印刷物の場合は印刷会社に入稿データを納めた後、実際の紙でテスト出力を行う色校正のチェックをし、印刷指示を出した時点でひとつの案件が終了します。

あとは納品物が出来上がるのを待ち、ミスがないかチェックを行ったり、その案件がもたらす売上などの成果報告を待ち、報告会や反省会などを行って次の仕事につなげる場合もあります。

働き方、活躍の場

グラフィックデザイナーが働く場所は、広告代理店や印刷会社、制作プロダクション、メーカーの商品開発部などです。

これらの企業における雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員など人によってさまざまです。

それぞれの企業で経験を積みスキルを磨いた後は、独立してフリーランスになるチャンスがあります。また、ひとつの企業でプロデューサーやディレクターとしてキャリアアップしていく人も見受けられます。

仕事体験談