摂食・嚥下障害のリハビリ

言語聴覚士の役割

摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害では、さまざまな医療スタッフが治療やリハビリテーションに携わります。

全身状態の管理をする医師、歯など口腔ケアをする歯科衛生士、とろみのついた嚥下食など食事を管理する栄養士、患者さんの全体的なケアをする看護師…。

その中で言語療法士は、実際に食事をとれるように訓練を行います。

食事をとるというのは、命の支えとなり生きる上での喜びとなります。一方、うまく嚥下ができないと生死に直結する誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こす危険性もあります。

嚥下訓練は患者の方にとって大変苦しいものです。丁寧さとねばり強さが求められる仕事です。

患者さんの状態をよく見ながら、食事の形態や量を医師や栄養士と検討していきます。

また、看護師や家族と患者さんの情報を共有します。

基本的な訓練

まず、食べることに必要な器官を動かし機能を高める基本的な訓練を行います。

たとえば、むせる方は呼吸が浅いことが多いので、大きく息を吸って吐き出す呼吸訓練を行います。

また、喉の動きをよくするために唾をためて飲みこんだり、痰をきちんと出せるよう咳をする練習をします。

その他、飲みこみの機能を改善するため、言語療法と共通の訓練も行います。

「パ」「タ」などの音をできるだけ長く発声したり連続で発声したりします。

食事をする訓練

実際に食べ物を用いて訓練します。はじめはゼラチンゼリーのようなものから始め、少しずつとろみがあって喉の通りが良い食べ物の種類を増やしていきます。

まず、患者さんの身体の状態にあわせ、食べ物が気管に入り込まないような体位をさがします。

そして、呼吸とあごの位置に注意して、食べ物を含み、飲みこみ、咳をするという練習をしていきます。

食べやすい食器を吟味することも大切です。

できるだけ食欲をさそい、リラックスして訓練にのぞめるような雰囲気づくりも重要です。

仕事体験談