栄養士になるには

栄養士の資格が必要

栄養士として働くためには、「栄養士」の資格を取得する必要があります。

栄養士の資格は、厚生労働大臣が指定した大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了し、卒業することで得られます。

これらの学校を卒業すれば、無試験で都道府県知事から免許証が交付されます。

栄養士養成課程は昼間の学校のみで、夜間コースや通信課程はありません。

栄養士養成課程のある学校

栄養士養成課程を置く学校は、四年制大学のほか、短期大学、専門学校があります。

高校卒業をしてすぐ養成施設に入学すると、少なくとも2年学ばなくてはいけないため、栄養士になれるのは早くて20歳ということになります。

四年制大学

栄養士を目指せる四年制の大学には「栄養士養成課程」と「管理栄養士養成課程」の両方を置く大学があります。

栄養士と異なり、管理栄養士になるには国家試験を受験し、合格することが必要です。

管理栄養士試験の受験資格を得るためには、管理栄養士の養成課程がある大学に行く必要があるため、管理栄養士の資格を取得したいか検討してから、学校選びをしたほうがよいでしょう。

管理栄養士の仕事

短期大学・専門学校

短期大学には、二・三年制の栄養士養成課程が設置されています。

専門学校には、二・三・四年制のコースが設けられています。

四年制の専門学校では、大学と同じように管理栄養士養成課程が設置されている学校があります。

将来どのように働きたいかをイメージして、学校を選びましょう。

栄養学の基礎・実践までを大学で体系的に学びたい、専門科目や他の科目もじっくりと学びたいという人には、四年制はおすすめです。

もちろん、二・三年制でも専門科目は四年制と同じく、しっかりと学べます。

専門科目を密度濃く学び、必要最低限の技術を身につけ、すぐに働きたい人には在学年数が少ないほうがいいでしょう。

ただし、限られた時間で必要な内容を勉強していくため、学生生活は忙しいものになります。

栄養士に求められるもの

食への興味

食に深く関わる栄養士は、食べることに関して興味が強い人が望ましいです。

食べ物に対しての好奇心を持ち、食材にどのような栄養があり、どうやって料理を作るのかということをつねに考えるような人は栄養士に向いているといえます。

また、子どもから高齢者、健康な人、病気の人といった個人に合わせた食事内容を提供していくことになるため、健康についての関心や料理技術の向上、市場に出回っている食材の把握も重要になってきます。

実際に調理をすることもあるため、料理が好きであると仕事に役立ちます。

栄養学のような専門知識は日々進化しており、向上心を持って勉強を続ける姿勢が求められます。

体力

栄養士は、長時間の立ちっぱなしで大量の料理を作らなければならない職場もあるため、体力があるに越したことはありません。

サービス精神

栄養士は専門職ですが、「相手のニーズに合わせておいしく栄養のある料理を提供する」といったサービス業的な側面をもっているため、サービス精神があることも必要です。

探究心があり、人と接することが好きで、時代のニーズをつかめるような人は栄養士に向いているといえるでしょう。

男性の栄養士も増えている

栄養士は毎年2万人以上が資格取得をしています。

女性が多い職業ですが、近年、男性の栄養士も増えてきました。

現場での仕事は重い鍋を持ち運んだり、大きな配膳車を運ぶことになるため、力のある男性は重宝されます。

さまざまな場所で生かせる栄養学の知識

栄養士の養成学校には、高校を卒業したばかりの人のみならず、社会経験を積んでいる社会人が入学する場合もあります。

また、主婦が家族のためにもっと健康に関する知識を修得したいと、栄養士を目指すケースもあります。

栄養学は私たちの生活に密着した学問だからこそ、家族の健康を考えた食事づくりにも生かすことができます。

自分の日々の食生活そのものも重要な勉強時間となります。

栄養士は外での仕事だけでなく、家庭内でも資格を生かせる職業といえるでしょう。

仕事体験談