栄養士になるための学校(大学、短大、専門学校)

栄養士になるためには、栄養士の養成課程を置く学校に通って、栄養士の資格を取得する必要があります。

その学校としては「大学」「短大」「専門学校」の3種類(いずれも昼間部のみ)があり、それぞれ特色や在学期間などが異なります。

ここでは、各学校の特徴について紹介します。

大学

まずは4年制大学が挙げられますが、短大や専門学校に比べると、こちらの選択肢はあまり多くありません。

栄養士養成課程と管理栄養士養成課程の両方を置く大学もあり、栄養士の仕事に就きたいと考える人のうち、大学に進学する人の多くは「管理栄養士」を志しているようです。

管理栄養士の仕事

栄養士に直接関連する科目のほか、一般教養や語学、他の学問の基礎まで広く学んでいくことが特徴です。

また、大学によっては他学部の学生との交流もしやすい環境です。

短大

栄養士を目指す人が専門学校以外への進学を考える場合には、短大が主となるでしょう。

短大の修業期間は2年となっており、栄養士になるための知識や技術を基礎から身につけていくことができます。

また、大学と同じように一般教養などの科目も用意されており、職業人としてだけでなく、人間性を深める教育に力を置いている短大も少なくありません。

基本的にはそのまま栄養士になる道をたどる人が多いですが、なかには一般職など他の職業へ就く人もいます。

専門学校

専門学校の特徴は、「栄養士」としてのより実践的な教育に力が置かれている点にあります。

一般教養や語学なども学ぶ大学や短大とは異なり、専門的な科目がカリキュラムの大半を占めています。つまり、職業と密接した科目を中心に学んでいくことになります。

修業期間は学校によって異なりますが、多くは2年制の専門学校となっているため、少しでも早く卒業して仕事に就きたいと考えている人には適しているといえるでしょう。

ただし、専門学校の場合は数が多く、学校によってだいぶカリキュラムや校内施設、イベント、実習内容などは異なります。

もちろん学費なども変わってくるため、複数の学校を比較して決めたほうがよいでしょう。

仕事体験談