栄養士学校の選び方

学校別の特色

養成施設にも、理系や文系があり、同じ栄養学を学べるのですが、アプローチの仕方が違います。

4年制大学—栄養学部系

栄養学部を設置している大学は少なく、カリキュラムは理系寄りでハイレベルです。

栄養学部、農学部栄養学科、病態栄養の研究の流れを汲む医学部栄養学科、教育学部があります。

この系統の大学では、学問としての栄養学の教育が重視されています。

奥ゆきのある視点で栄養学を勉強して、仕事に役立てたい人、教育・研究分野に進みたい人にはオススメでしょう。

4年制大学—家政学部食物学科系

家政学は家庭を含む一般社会での人間生活を主に自然科学、人文科学分野から研究し、生活・文化に役立てたいという学問です。

栄養学をベースに科学知識を身につけたい人や、家庭・一般社会での食生活を指導していきたいという人にオススメです。

これら4年制大学では、栄養士コースのほかに、管理栄養士コースが設けられている学校があります。

短期大学

2年、3年のあいだに、幅広い知識と技術が身に付けられます。

広い知識を得たいけれど、早く現場にも出て仕事をしたいという人に向いています。

理系の短大の場合、実験が多いので学費が高い場合もありますのでチェックしておきましょう。

専門学校

ほぼ2年制が占めますが、一部、3年制もあります。

栄養士にとって、必須かつ実践的な知識と技術が短期間で徹底的に学べます。

教育、研究分野、行政というより、給食の現場などで働きたい人にオススメです。授業内容も集団給食を中心としたカリキュラムになっています。

栄養士養成施設を選ぶポイント

栄養士の学校を選ぶポイントとしては、

1.学校の歴史
2.教授陣の経歴
3.カリキュラム内容
4.卒業生の就職率
5.設備や施設
6.自宅からの距離や交通費

などを確認しておくといいでしょう。

また、興味のある学校が見つかった場合には、いきなり受験するのではなく、

1.学校のパンフレットを取り寄せる
2.学校に問い合わせる
3.先輩に聞く
4.進学相談会に行く 
5.学校見学をする

などの事前調査をしっかりしておくことが必要です。

栄養養成施設の学食

学校によっては学食とは別に学生向けの給食を栄養士課程の学生が校内で提供している授業スタイルもあります。

学生が授業の一環で作るので人件費等がかからないため食券が安く、しかも栄養バランスが整っている給食だったのでとくに学生には人気です。

栄養士学校を選ぶ際のポイントとして、こうしたことをオープンキャンパスで在学生や教授に質問してみてもよいでしょう。

また、文化祭に足を運ぶのも雰囲気を知る手がかりになります。

仕事体験談