栄養士認定試験とは

栄養士認定試験の概要

栄養士認定試験とは栄養士の質の向上と知識の均一化を図るために、行われている試験です。「社会法人 全国栄養士養成施設協会」が実施しています。

栄養士養成学校の在学生・卒業生が受けられます。4年制の在学生は、3年次でも受験可能です。

受験することによって自分の得意・不得意の分野が分かりますし、どこを集中的に勉強したほうがいいか自己分析することができます。

就職活動の際にも有利に働くことがあります。また、ブランクがある人にとっては勉強し直すきっかけとなるでしょう。

管理栄養士の国家資格を受験する前に受けておくと、自分の弱点が数値として出てくるので、腕試しで受験するのも手かもしれません。

自分が今、どのレベルにいるのか、客観的に把握するには、うってつけの認定試験といえます。

試験内容・日程

<試験科目>
・公衆衛生学
・社会福祉概論
・解剖生理学
・生化学
・食品学概論
・食品学各論(食品加工学含む)
・食品衛生学
・栄養学概論
・臨床栄養学概論
・栄養学各論
・栄養指導論
・公衆栄養学概論
・調理学
・給食管理論

10月中旬頃、管理栄養士・栄養士養成校に出願し、本試験は、12月上旬に行われます。

費用は4,000円となります。試験時間は、120分になります。結果通知は2月上旬で、認定証交付は3月上旬になります。

仕事体験談