独学で栄養士になれる?

完全な独学では栄養士の資格が取れない

栄養士になるには栄養士の資格を取得する必要がありますが、この資格は栄養士養成課程を置く学校(栄養士養成施設)で最低でも2年間学ばなければ取得することができません。

したがって、完全な独学のみで栄養士になるのは不可能です。

栄養士の資格試験はないため、高校卒業後などに栄養士の勉強ができる大学や短大、専門学校へ進学して学び、卒業すれば、自動的に栄養士の資格を得ることができます。

栄養士になるための詳しいルート

もう少し詳しく見ていきましょう。

栄養士になるには、厚生労働大臣指定の栄養士育成施設を卒業する必要があります。

栄養士育成施設の種類としては、短大もしくは専門学校の栄養士養成課程(2~4年)か、4年制大学あるいは専門学校の管理栄養士養成課程の2種類に分けられます。

管理栄養士養成課程で学ぶと、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることが可能です。

一方、栄養士養成施設で学んだ場合には、卒業後に1~3年間の実務経験を積むことによって管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。

学校では実習の時間も多い

栄養士養成施設では、座学の講義のみならず、実習の時間も多数組まれています。

実習の内容は、学んだ調理技法を生かした調理を行ったり、妊産婦や児童、高齢者といった人たち向けのメニューを企画し、調理するなどのことを行います。

そのほか、病院や介護施設など実際に栄養士が働く現場へ出て、給食調理などの体験をすることもあります。

こうした実習を通じて身につけたスキルや考え方は、いざ働き始めてから大きな力となります。

養成施設に通う時間を確保する

繰り返しになりますが、栄養士になるためには必ず養成施設に通わなくてはならないため、通学の時間を確保する必要があります。

また、栄養士養成課程は昼間のみで、夜間部は設置されていません。

日中に何か別の仕事などをしながら学校にも通うというのは難しいため、栄養士への転職を考える人は注意が必要です。

仕事体験談