男性の栄養士

男性でも栄養士になれる?

栄養士というと、どうしても女性の活躍がイメージされることが多いようですが、最近では都市部を中心に、男性栄養士の姿も珍しいものではなくなりつつあるようです。

もちろん、女性と男性で栄養士になるための道に違いはありませんし、男性でも女性と同じように栄養士として活躍することができます。

栄養士の仕事内容に関しても、献立を考えたり、栄養指導を行ったりと、基本的に男女で違いはありません。

ただし、職場によってはまだ女性の栄養士がほとんどということもあります。

複数の栄養士が協力して仕事を進める職場もあるため、男性で栄養士になろうとしている人は、女性とも上手にコミュニケーションをとっていく努力が求められると考えておいたほうがよいでしょう。

給料に不安を抱く人も

栄養士は、病院や学校、給食センター、福祉施設、企業の食堂など、さまざまな場所で活躍することができ、求人数も安定しています。

しかしながら、給与水準はそこまで高いわけではなく、平均年収は250万円~400万円程度といわれています。

とくに公務員の場合、長年働き続ければ昇給が望めますが、全体的にみると、同じ栄養士でも「管理栄養士」の有資格者のほうが好待遇で採用されることが多いようです。

パートの求人も比較的多く見受けられるため、安定した雇用形態の下、収入を得たいと考えている人は、就職先をよく考えていく必要があります。

男性の力が発揮される場面も

栄養士の仕事では大量調理を行うことも多く、思っている以上に体力を要します。

重い調理器具や食材を持ち運ぶようなこともあるため、男性が歓迎される職場もあるようです。

男性の場合、同じ「食」や「調理」に関わる仕事としては「調理師」を選ぶ人が多いようですが、栄養士も人の健康のために欠かせない重要な職業です。

この先、男性栄養士はさらに少しずつ増えていくものと考えられます。