営業への転職、未経験採用

転職する人が多い仕事

営業は、世の中にさまざまある職種のうち、転職する人の割合が多い部類の仕事だといわれています。

営業は企業が売上や利益をつくるうえで欠かせない役目を担っており、求人数も多いため、それだけ働く人も多くなっているようです。

転職理由はさまざまですが、すでに営業として働いていた人がさらなるキャリアアップを目指して会社を移る場合と、異職種から営業を目指す人の両方がいます。

営業は、一般的に特別な資格は必要とされず、正社員としての採用もそれなりに多いため、本気でやる気さえあれば良い条件で転職することはそこまで難しくはないでしょう。

ただし、教育するほどの余裕がないベンチャー企業などでは、実力のある即戦力になれる人だけを求めることもあります。

また、基本的に実力主義の仕事であるため、成果を出せなければ思い通りの収入が得られなかったり、降格となったりすることもあります。

転職しやすいといっても、それなりの覚悟を持って考えていったほうがよいでしょう。

どのような営業がしたいのかを考える

営業といっても、個人向け営業もあれば法人営業もあり、新規顧客を開拓する営業もあれば既存顧客を回るルート営業もあります。

さらに、車や不動産といった形ある商材を扱うのか、それとも企画やサービスのように無形商材を扱うのかによっても、仕事の進め方は頭の使い方は変わってきます。

多くの企業が中途採用としての営業職を募集していますが、よりやりがいを持って働くためには、どのような業界で、どのような商品・サービスを扱いたいのか、そしてどのようなお客さまを相手にしたいのかなどを考えておくことが大切です。

未経験で営業になるためには

営業職は、未経験者であっても転職しやすい仕事です。

たいていの場合、最重視されるのは熱意です。

業務上必要な知識・スキルは入社後に学べますが、やる気と積極性だけは周囲がどうこういってもなかなか変わらないため、まず熱意さえあれば歓迎されることが多いです。

営業未経験であっても、小売業界や飲食業界で接客・販売などに携わっていた場合には、「お客さまと接する」ということの基本を生かすことができるでしょう。

ただし、なかには未経験者にもあまりに厳しいノルマが課せられたり、体調を崩すほど残業時間が長かったりして、営業の離職率が著しく高い企業も存在します。

求人募集が多くても、きちんと各企業の募集内容を見極めていくことが大切です。