ドラッグストア店員の給料・年収

正社員の給料

ドラッグストア店員の年収は、正社員として働く場合、600万円前後がボリュームゾーンとなっているようです。

ドラッグストアは比較的給料がよいといわれており、大手ドラッグストアの場合、店長やその他の役職者になると年収1000万円以上を得ている人もいるようです。

ただし、とくに都市部のドラッグストアは午前中から夜遅くまで営業している店も多く、日によってシフトがバラバラであったり、残業が多かったりする場合もあるようです。

また、ドラッグストアは扱う商品の種類や数が多いことから仕事はどうしても忙しくなりがちです。多忙な分だけ、給料も高く設定されているといえるでしょう。

薬剤師の年収は高水準に

ドラッグストア店員のなかでも、薬剤師免許を持って働く場合にはたいてい、一般的な店員よりも基本給が高めに設定されていたり、資格手当が別途加算されたりするようです。

ドラッグストアは薬剤師にとって、同じ医薬品を扱う調剤薬局よりも待遇がよいケースが多く、就職先としても人気が高くなっています。

とはいえ、調剤薬局よりも勤務時間が長くなりがちであったり、店舗によっては調剤薬局ではほとんどない品出しやレジ打ちなどまで任されたりする場合もあるため、就職前に仕事内容をよく確認しておいたほうがよいでしょう。

アルバイト・パートの給料

ドラッグストアでアルバイト・パートとして働く場合には、店舗によりますが、時給900円~1100円程度が一般的です。

ただし、地域によっても差が出ており、都市部の繁華街などお客さまの数が多いエリアの店舗では高時給となる傾向ですが、地方ではさほど高い時給は望みにくいでしょう。

また、パートであっても薬剤師免許を生かして仕事をする場合には、時給2,000円~3,000円程度といった高時給で採用されることもあります。

ドラッグストアで働くパートの薬剤師は、一般的なパートの仕事に比べて、かなり良い収入を得やすいといわれています。

仕事体験談