ドラッグストア店員の1日のスケジュール・生活スタイル

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ドラッグストア店員の業務スケジュール

勤務先の営業時間に合わせて働く

ドラッグストア店員は、勤務先の営業時間に合わせて働きます。

大抵の場合、営業時間は9:00~22:00頃に設定されており、正社員はこの時間帯の中で実働8時間程度の勤務となります。

一般的には早番・遅番と交代でシフト勤務を行いますが、開店から閉店まで勤務する「通し勤務」を行うことも少なくありません。

とくに繁忙期や人員不足のドラッグストアでは、勤務時間が10~12時間ほどになることも珍しくありません。

アルバイト・パートの勤務時間

アルバイトやパートの場合は、営業時間のなかで4~6時間程度の勤務となり、シフト制の場合、また時間帯固定の場合などさまざまです。

ドラッグストアは午前中と夕方から夜にかけて混みあうため、この時間帯に勤務することが多くなっています。

業務内容については在庫管理や発注まで行う場合、品出しやレジのみに限定されている場合など企業や店舗によって大きく異なります。

年中無休の店舗が多い

ドラッグストアは、基本的に年中無休としているところが多く、なかには早朝から深夜まで営業しているところも珍しくありません。

とくに大都市圏の店舗になればなるほど利用者も多く、シフト制で不規則な勤務になることは覚悟しておきましょう。

また、どうしても利用者の多い土日は休みを取りづらく、平日に交代で休みを取ることが多くなるでしょう。

正社員として働くドラッグストア店員のある1日

08:30 出勤・メールチェック
ユニフォームに着替え、身だしなみを整えます。

商品情報や本部からの店頭陳列に関する指示があれば確認します。

09:00 開店準備
店内の清掃と品出しを中心に行います。

毎日新商品が入荷するため、開店に間に合わせられるようにほかのスタッフと協力して働きます。

09:50 朝礼
出勤しているスタッフ全員で当日のスケジュール確認をします。

元気よくお客さまを迎えるために、あいさつなどの唱和を行うなどします。

10:00 開店
開店と同時にお客さまが入ってくるため、玄関でおむかえします。
11:00 レジ、接客
登録販売者資格を持っている場合は、一般用医薬品についてお客さまから販売を求められると即座に対応します。
12:30 昼休憩
店員は交代でお昼休みを取ります。
14:00 売り場づくり
お客さまの買い物の妨げにならないよう、新しい商品や特売の品が目立つように並び替えを行ったり、棚のレイアウトを変更したりします。

レイアウトや展開のしかたによって、商品の売り上げが大きく変わるため力を入れています。

16:00 発注
季節商品や人気の商品、日配品は欠品を起こさないよう、商品の在庫を確認しながら発注をかけます。
18:00 事務作業
事務所に下がって日報のまとめやシフト表作成、POP作りなどの事務作業を行います。

アルバイトやパートがいる場合は、業務のアドバイスや仕事の指示なども行います。

19:45 引継ぎ
仕事を終える前に、他のスタッフに大事な連絡事項などを確実に伝えます。
20:00 退勤

ドラッグストア店員の勤務時間・休日