ドラッグストア店員のつらいこと・大変なこと・苦労

ドラッグストア店員のつらいこと・大変なこと

お客さまからの質問が多い

ドラッグストアの店員として大変なことのひとつは、お客さまから質問される機会がとても多いという点です。

お客さまが求めている商品の売り場をはじめ、「この症状にはどの薬がいいか?」「この薬とこの薬の違いは何か?」などと、一歩踏み込んだことを聞かれることもよくあります。

ドラッグストアで取り扱う商品の種類や数は膨大であるため、それらについて覚えていくのは一苦労です。

詳しい成分についての説明を求められて販売する場合には、薬剤師などの有資格者に交代することになります。

ただし、たとえいち店員であったとしても、ドラッグストアで働くとなれば、お客さまからの質問に確実に答えられるように努力しなくてはなりません。

ドラッグストアは、コンビニやスーパーと同様、老若男女が利用する場所です。

相手のニーズを素早く汲み取って、適切な接客をすることは簡単ではありません。

体力勝負な一面も

ドラッグストアというと、さほど体力は要しない仕事と考える人も多いでしょう。

しかし、実際には品出しなどで意外と身体を動かす機会もあり、コンビニなどと比べて売り場面積が大きな店舗が多いことから、あちこち動き回ることもあります。

基本的には立ち仕事となり、お客さまも若い方から年配の方までさまざまな方がたくさん訪れるため、忙しい日々を送ることになるでしょう。

ドラッグストア店員の悩み

ドラッグストアは、小売店のなかでも店員の身だしなみについて厳しくチェックされる傾向にあります。

医療に関連するものを扱う以上、やはり清潔感はお客さまからも重要視されるポイントです。

とくに髪型や服装、アクセサリーなどの規定を厳しくしている店舗が多いようです。

ドラッグストアで扱う商品は私たちの生活になじみ深いものも多いため、一見、楽しくのびのびと働けそうなイメージがあるかもしれませんが、場合によっては厳しいマニュアルの下で働くことになるでしょう。

ドラッグストア店員を辞める理由で多いものは?

給料が低い

ドラッグストア店員を辞める理由で多いものは、給料の低さです。

ドラッグストアは午前中から夜遅くまで営業している店も多く、日によってシフトがバラバラであったり、残業が多かったりすることもありますが、他の職業と比べて特別給料が高いわけではありません。

また、ドラッグストアは扱う商品の種類や数が多いことからどうしても忙しくなりがちなため、給料が見合っていないと辞める人は多いようです。

長時間勤務や不規則な生活

店舗の求める働き方に対して不満を持つことが仕事を辞めるきっかけとなることもあります。

特に都市部では早朝から深夜まで営業しているドラッグストアは珍しくありません。

早朝から深夜まで長時間勤務をしたり、希望する時間帯で働けなかったりすることも多いです。

また、シフト制の勤務となればどうしても生活は不規則になってしまいます。

ドラッグストアは店舗が多いため、条件の合うほかの店舗に移ったり、スーパーやコンビニなどほかの接客業についたりするなどして、辞めてしまうといったこともめずらしくありません。

ドラッグストア店員の「つらいこと」の口コミ投稿

  • つらいこと
    つらいこと

    ドラックストア店長 むすくさん

    29歳 女性 経験5年 福岡県

    現職(契約社員)


    様々なお客様が多く接客業なので、こちらのミスからの苦情や、理不尽なクレーム対応をしなければいけないこともあります。

    使用の仕方は説明書きにあるのに、使用順を間違えたから、新しい商品をくれという方など、様々です。