ドラッグストア店員の現状と将来性

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ドラッグストア店員の現状

今、日本全国には大小さまざまなドラッグストアがあります。

ドラッグストアの特徴として、一般用医薬品を取り扱うことはもちろん、そのほかにも日常品、食品、化粧品など、多岐に渡る種類の商品の取り扱いがあることが挙げられます。

こうした商品は、いずれも人々の暮らしに欠かせないものであり、若い人からお年寄りまで、日々多くの方が買い物に訪れます。

大量の商品を取り扱う大型店舗も増えており、もはやドラッグストアはコンビニエンスストアと同じように、世の中になくてはならない店のひとつになっているといえるでしょう。

ドラッグストア店員の需要

ほかの小売業と異なり、ドラッグストア業界全体としては、売り上げや店舗数が年々伸びています。

これは、少子高齢化を迎えるなかで、医療品や介護用品の需要が増えつつあり、それらを手軽に買うことができるドラッグストアの利用が増えていると考えられます。

また、近年では調剤薬局を併設するドラッグストアが増えており、薬の受け取りと日用品の買い物を一度にすることができるドラッグストアの便利さが支持されています。

こうした状況を踏まえ、ドラッグストア店員の需要はますます増えると考えられ、薬の知識を持つ登録販売者はより重宝されるでしょう。

また、都市部ではインバウンド客の需要が高いため、外国語で対応できるドラッグストア店員も増えてくると考えられます。

ドラッグストア店員の将来性

ドラッグストアが日常生活に溶け込んでいるなか、そこに勤務し、販売に従事する店員の需要も大きいものとなっています。

ドラッグストア店員は、正社員として就職してフルタイムで働くことはもちろん可能ですが、そのほかにも派遣やパート・アルバイトといった多様な雇用形態でライフスタイルに合わせて働きやすい仕事です。

また、いち店員から、店長やマネージャーを目指してステップアップしていくこともできます。

ドラッグストアの数は多く、店員の求人も非常に多く出ているため、就職・転職も比較的しやすいでしょう。

ドラッグストア店員の今後の活躍の場

ドラッグストアでは、「登録販売者」あるいは「薬剤師」の資格を持っている人が活躍できます。

とくに薬剤師であれば給料や待遇面でも優遇されやすく、だいぶ好条件で働けるケースが多くなっています。

ドラッグストアでは、店舗に置かなければならない人数や時間帯などが法律で決められていたり、有資格者でなければ一般用医薬品の販売はできなかったりすることなどが定められています。

登録販売者や薬剤師のような資格を取得することで、さらに業務の幅を広げていくことができ、キャリアアップもしやすくなるでしょう。

近年では、日頃から健康に気を付け、軽度な身体の不調は自分で手当てをする、いわゆる「セルフメディケーション」の重要性が叫ばれるようになってきました。

ドラッグストアにおいても、こうした医薬品に関する専門知識を有したプロフェッショナルの活躍に期待が寄せられています。