ドラッグストア店員の現状と将来性

ドラッグストアは日常生活に欠かせない存在

今、日本全国には大小たくさんのドラッグストアがあります。ドラッグストアの特徴として、一般用医薬品を取り扱うことはもちろん、そのほかにも日常品、食品、化粧品など、多岐に渡る種類の商品の取り扱いがあることが挙げられます。

こうした商品は、いずれも人々の暮らしに欠かせないものであり、若い人からお年寄りまで、日々さまざまな方が買い物に訪れます。

大量の商品を取り扱う大型店舗も増えており、もはやドラッグストアはコンビニエンスストアと同じように、世の中になくてはならない店のひとつになっているといえるでしょう。

多様な働き方の選択肢が

ドラッグストアが日常生活に溶け込んでいるなか、そこに勤務し、販売に従事する店員の需要も大きいものとなっています。

ドラッグストア店員は、正社員として就職してフルタイムで働くことはもちろん可能ですが、そのほかにも派遣やパート・アルバイトといった多様な雇用形態でライフスタイルに合わせて働きやすい仕事です。

また、いち店員から、店長やマネージャーを目指してステップアップしていくこともできます。

ドラッグストアの数は多く、求人もたくさん出ているため、就職・転職も比較的しやすいものと思われます。

資格を持っていると大きな強みに

ドラッグストアでは、「登録販売者」あるいは「薬剤師」の資格を持っている人が活躍できますが、とくに薬剤師であれば給料や待遇面でも優遇されやすく、だいぶ好条件で働けるケースが多いようです。

日頃から健康に気を付け、軽度な身体の不調は自分で手当てをする、いわゆる「セルフメディケーション」の重要性が叫ばれるようになっている今、ドラッグストアにおいても、医薬品の専門知識を有したプロフェッショナルの活躍に期待が寄せられています。

上記のような資格を取得することで、さらに業務の幅を広げていきやすいでしょう。