ドラッグストア店員のやりがい・楽しさ・魅力

ドラッグストア店員のやりがい・楽しさ

営業成績が評価に反映されやすい

チェーン展開しているドラッグストアは、店舗ごとに販売ノルマや売り上げ目標が定められています。

医薬品や化粧品を販売すればしただけ成績上がり、成績が上がればそれだけ評価されやすいしくみとなっています。

これらの成績はもちろんボーナスや給料にも反映されるため、大きなやりがいとなるでしょう。

キャリアを積んでステップアップ

ドラッグストア店員は、キャリアを積むことでステップアップすることができます。

登録販売者の資格を取得し、専門性を高めていくこともできますし、化粧品アドバイザーや美容部員として化粧品のスペシャリストになる道もあります。

ドラッグストアはさまざまな商品を扱っており、仕事も多種多様であるため、自分の興味関心に合わせて成長していくことができます。

向上心を持って日々成長していこうという気持ちがある人であれば、やりがいを感じながら働けることでしょう。

ドラッグストア店員の仕事内容

ドラッグストア店員の魅力

女性が活躍できる仕事

ドラッグストアの利用者は女性が圧倒的に多く、店員として働く場合も、女性が多い環境が整っています。

子育てや介護、家事などと両立しやすい職場環境になっているため、長く働きやすく、女性も安心して働けるでしょう。

医薬品や日用品に詳しくなれる

ドラッグストアで扱う商品の種類は非常に幅広く、医薬品はもちろんのこと、化粧品、食料品、日用品、生活雑貨などの商品に接しながら仕事をしていきます。

同じ「洗剤」といっても、メーカーによって種類はさまざまです。

普段、自分が生活しているだけでは触れないものであっても、仕事でいつも目にしていたリ、お客さまからの質問に答えたりするうちに自然と詳しくなることができます。

ドラッグストアで扱う商品は日常生活になじみ深いものがほとんどであるため、それらの知識が増えると自分自身の生活で役立つことも多いでしょう。

売り場づくりやレイアウトの楽しみ

ドラッグストア店員の重要な仕事のひとつは、売り場づくりをすることです。

ただやみくもに商品を並べるだけではなく、お客さまがより快適に買い物ができるようにPOPの作成を任されたり、棚を新しく作ったりすることもあります。

ドラッグストアは大型の店舗も多く、頭を使って売り場をどうしていくか考えていくことができるのも、この仕事の魅力といえるでしょう。

社割が利用できる

ドラッグストアの店員になると、多くの場合、「社員割引」や「スタッフ割引」といった形で、商品を安く購入することができます。

ドラッグストアに勤める人は、もともと日用品に興味がある人が多いため、社割を利用してさまざまな商品を使い比べたり、サンプルを使って実際に試してみたりする人も多いです。

一つひとつは小さな金額であっても、それが積み重なっていくと家計の助けになるでしょう。

とくに女性にとっては化粧品のサンプルをもらえる機会も多く、実生活にも役立つうれしいポイントといえるでしょう。