ドラッグストア店員のやりがい、魅力

医薬品や日用品に詳しくなれる

ドラッグストアで扱う商品の種類は多岐にわたります。

医薬品はもちろんのこと、化粧品、食料品、日用品、生活雑貨など多様なアイテムがあり、店員は日々それらの商品に接しながら仕事をしていきます。

また、同じ「洗剤」といっても、メーカーによって種類はさまざま。普段、自分が生活しているだけでは触れないものであっても、仕事でいつも目にしていたリ、お客さまからの質問に答えたりするうちに自然と詳しくなることができます。

覚えることが多いのは大変ですが、ドラッグストアで扱う商品は日常生活になじみ深いものがほとんどであるため、それらの知識が増えると自分自身の生活で役立つときが来るかもしれません。

売り場づくりをする楽しみ

ドラッグストア店員の重要な仕事のひとつは、売り場づくりをすることです。

ただやみくもに商品を並べるだけではなく、お客さまがより快適に買い物ができるようにPOPの作成を任されたり、棚を新しく作ったりすることもあります。

ドラッグストアは大型の店舗も多く、仕事内容は多岐にわたります。ただむやみにレジを打つだけではなく、頭を使って売り場をどうしていくか考えていくことができるのも、この仕事の魅力といえるでしょう。

商品を安く買えたり、サンプルをもらえたりも

ドラッグストアの店員になると、多くの場合、「社員割引」や「スタッフ割引」といった形で、商品を何割引きかで購入することができます。

一つひとつは小さな金額であっても、それが積み重なっていくと家計の助けになるでしょう。さまざまな製品のサンプルを使っているなかでお気に入りができ、「次はこれを買ってみよう」といった気持ちになることもあります。

また、ドラッグストアの大半では化粧品も扱っていますが、そのサンプルをもらえる機会もあり、とくに女性にとってはうれしいポイントといえるでしょう。